「バーフバリ」監督、日本の絶叫上映に大感激! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月27日 > 「バーフバリ」監督、日本の絶叫上映に大感激!
メニュー

「バーフバリ」監督、日本の絶叫上映に大感激!

2018年4月27日 04:00

舞台挨拶を行ったS・S・ラージャマウリ 監督(中央)とプロデューサーの ショーブ・ヤーララガッダ「バーフバリ 王の凱旋 完全版」

舞台挨拶を行ったS・S・ラージャマウリ
監督(中央)とプロデューサーの
ショーブ・ヤーララガッダ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] インドで歴代No.1の興行収入を記録し、日本でもロングランヒットとなっている「バーフバリ 王の凱旋」の絶叫上映が4月26日、東京・新宿ピカデリーで行われ、来日したS・S・ラージャマウリ監督とプロデューサーのショーブ・ヤーララガッダが舞台挨拶に出席した。

映画は、「バーフバリ 伝説誕生」の続編。マヒシュマティ王国の国母シヴァガミ(ラムヤ・クリシュナ)から王位を託されたアマレンドラ・バーフバリ(プラバース)と、シヴァガミの実子でありながら王位継承争いに敗れた従兄弟バラーラデーヴァ(ラーナー・ダッグバーティ)との骨肉の争いや、自らがアマレンドラの息子と知らずに育った青年マヘンドラ・バーフバリ(プラバースの2役)の25年越しの王座奪還劇をアクション満載で描いた。今回の絶叫上映は、インターナショナル版に26分間の日本初公開シーンを加えたオリジナル版の上映決定を記念して催されたもので、オリジナル版には、ヒロインのデーヴァセーナが歌い踊るシーンなどが含まれている。

ラージャマウリ監督は、大盛り上がりの観客を前に、「以前からTwitterで皆さんの絶叫上映の様子は見ていたのですが、実際に日本で体感するのは夢のような気分です」と満面の笑みで挨拶。インドでの上映では、「(観客が)あまりにも絶叫しているので、俳優の声はほとんど聞こえないし、食べているものを投げるのでスクリーンもよく見えません。それに、それにそれぞれが色んなことを叫んでいるので、僕たちが聞きたくても何を言っているのか分からないんです(笑)」と絶叫上映が当たり前になっていると話し、「日本の皆さんの絶叫は息が合っている。これは世界でも類を見ないので、素晴らしいと思います」と大感激した様子を見せた。

ヤーララガッダは、キャラクターのコスプレ姿で参加している観客を見つけ、「こんなにたくさんの方がコスチュームを身に着けて映画鑑賞してくれるなんて素敵ですね! インドでコスプレが見られるのはコミコンくらいで、映画館ではありえないですから」と日本のファンの熱量に圧倒されていた。

今作の製作費は、インド映画では最高額の73憶5000万円。ラージャマウリ監督は、「キャラクターからストーリーを練り上げた段階で、長い映画になるとは思っていたのですが、2作の完成に5年間もかかったことと、こんなに莫大な製作費がかかったのは予想外」と苦笑い。キャスティングも苦労したようで、「大がかりなプロジェクトだったので、役者に役柄を話すときに知恵を絞りました。全員に、あたかもその方が中心であるようにお話して、全体像が見えてきたころに『こんな話だったのか』と気が付くようにしました(笑)」と茶目っ気たっぷりに明かしていた。

また、ラージャマウリ監督は今後上映されるオリジナル版を「より感情や余韻に浸っていただけると思います」とアピール。続編を望むファンの声には、「この作品は素晴らしい物語を思いついたことからスタートしています。映画が成功してこんなにも愛されている時点で、私たちの強運は尽きたのではないでしょうか(笑)。続編は、また良い物語が浮かび次第ですね」と含みを持たせて回答していた。

バーフバリ 王の凱旋 完全版」は、6月1日から東京・新宿ピカデリーほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
バーフバリ 伝説誕生[Blu-ray/ブルーレイ] バーフバリ 伝説誕生[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,976 インド国内で大ヒットを記録し、インド映画として初めて全米映画興行収入トップ10入りも果たしたアクション大作。
バーフバリ2 王の凱旋[Blu-ray/ブルーレイ] バーフバリ2 王の凱旋[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,756 伝説の戦士バーフバリの壮絶な愛と復讐の物語を描いてインド映画史上歴代最高興収を達成し、日本でもロングランヒットを記録したアクション「バーフバリ 伝説誕生」の完結編となる第2作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi