「ニセコイ」実写化、主演は中島健人×中条あやみ!偽の恋めぐり大ゲンカぼっ発!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月23日 > 「ニセコイ」実写化、主演は中島健人×中条あやみ!偽の恋めぐり大ゲンカぼっ発!?
メニュー

「ニセコイ」実写化、主演は中島健人×中条あやみ!偽の恋めぐり大ゲンカぼっ発!?

2018年4月23日 05:00

“もやしっ子”と“ゴリラ女”演じる「ニセコイ」

“もやしっ子”と“ゴリラ女”演じる
(C)2018映画「ニセコイ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 古味直志氏の人気ラブコメ漫画「ニセコイ」が実写映画化されることになり、「Sexy Zone」の中島健人と女優の中条あやみがダブル主演することが明らかになった。2人は、極道一家の一人息子である“もやしっ子”一条楽、ギャング組織の一人娘である“ゴリラ女”桐崎千棘に扮する。

「週刊少年ジャンプ」で2011~16年に連載され、コミックスシリーズ累計1200万部を突破した人気原作の実写化。「俺物語!!」など数々の青春映画を手がけてきた河合勇人監督がメガホンをとり、中島とはドラマ版「黒崎くんの言いなりになんてならない」、中条とは映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」以来のタッグを組む。

「集英組」組長の一人息子である楽は、勉強一筋&ケンカ嫌い、将来の夢は公務員という男子高校生。ある朝、登校中に門を飛び越えてきた転校生・千棘から飛び蹴りをくらう。千棘はあるギャング組織の一人娘で、性格真逆、相性最悪の2人だけでなく、親の組織同士も抗争寸前の事態に陥ってしまう。抗争を止めるため、楽&千棘は強制的に「恋人のふりをする」ことを約束させられ、2人の“ニセコイ”が始まる。

若者世代に絶大な人気を誇る中島は、今作ではコメディアンぶりを存分に披露。「信頼する河合監督から、『今回の役は“王子様のイメージ”ではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!』と仰って頂き、その期待に応えるためにも『脱・王子!』を宣言します!」といい、「『ニセコイ』というタイトルではありますが、偽物ではなく本物のラブストーリーを、中条さんと一緒にしっかり作り上げていきたいです。緊張のクランクインまであと数日、もう1回漫画を全部読み直してニセコイの世界を僕に染み込ませたいと思います!」と意気込んだ。

さらに中条は、金髪碧眼の美少女だが、短気で口が悪く暴力的な“ゴリラ女”役に挑戦。原作ビジュアルに近づけるため、トレードマークの黒髪を金髪に染め上げ、撮影に臨む。「千棘を演じることは、私にとって大きなプレッシャーなのですが、実は共通点も多いんです! 同じハーフ女子ということと、バナナが好きということ。千棘ちゃんと一緒で嬉しいです!(笑)」と話し、「さらに千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします。これから染めるのですが、どうなるのかとても楽しみです」と明かした。

楽&千棘によるエネルギッシュなケンカも見どころ。撮影では激しく罵り合うことになるが、中島は「初共演となる中条あやみさんは、まさに『歩く姿は百合の花』という第一印象です。“華”のある方を罵ったりなじったりするのはとても心苦しいのですが、ケンカを繰り返した先に“愛”があると思うので、全力で演じられればと思います。僕たち“ケンカップル”のケンカっぷりを、ぜひ堪能していただけたら」と述べ、中条も「中島健人さんは、まわりにキラキラオーラをまとう、想像通りの紳士的な王子さま。今回はそんな中島さんに、役と言えども激しく怒鳴り散らす男勝りな千棘ちゃんを演じるため、ここに『脱・清純』を宣言します! この素敵な原作『ニセコイ』に応えられるように、これから中島さんと一緒に全力で頑張りたいと思います!」とコメントを寄せた。

ニセコイ」は4月下旬から6月中旬に関東近郊で撮影され、12月21日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi