「君の名前で僕を呼んで」にフルヌードがないことに脚本家が不満

2018年4月2日 13:30

脚本家には不満だとか…
脚本家には不満だとか…

[映画.com ニュース] 「君の名前で僕を呼んで」(ルカ・グァダニーノ監督)に男性の下半身を露出したヌードシーンがないことに、同作の脚本を執筆したジェームズ・アイボリーが不満を抱いていることが明らかになった。

同作はアンドレ・アシマンの同名小説の映画化で、1980年代のイタリアの田舎町を舞台に、17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)と24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)のひと夏の恋を描くラブストーリー。脚本を執筆したアイボリー(「日の名残り」「眺めのいい部屋」)は、同作でアカデミー賞脚色賞を受賞している。このほど英ガーディアン紙の取材を受けたアイボリー監督は、同作に下半身を露出したヌードシーンがないことに不満を抱いていると告白。「セックスの前後で、登場人物たちが品良くシーツに覆われているのは嘘っぽく見える。ありのままに描くほうが、隠すよりずっと自然な描き方だと思う」と説明している。

実際、アイボリーは青年ふたりの恋愛を描く「モーリス」(87)でその通りの演出をしていた。今作でもふたりが裸のまま戯れるシーンを執筆していたが、グァダニーノ監督はカメラを窓外にパンさせる演出を選択。「ヌードがあるかどうかは映画には無関係で、芸術上の判断だ」と話している。

しかし、これは事実に反すると、アイボリーは反論。グァダニーノとはヌードシーンの撮り方について打ち合わせをしていたものの、シャラメとハマーの出演契約にフルヌードが禁止条項として盛り込まれていたためだと、暴露している。「君の名前で僕を呼んで」は4月27日公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース