ジェニファー・ローレンス「君の名前で僕を呼んで」監督の新作に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月20日 > ジェニファー・ローレンス「君の名前で僕を呼んで」監督の新作に主演
メニュー

ジェニファー・ローレンス「君の名前で僕を呼んで」監督の新作に主演

2017年12月20日 11:00

ジェニファー・ローレンス「君の名前で僕を呼んで」

ジェニファー・ローレンス
写真:Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 賞レースを席巻中の注目作「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督が、作家ハンナ・ケントの2013年の小説「Burial Rites(原題)」を映画化することがわかった。米バラエティによれば、オスカー女優のジェニファー・ローレンスが主演、プロデュースも務める。

原作は、1830年にアイスランドで最後に公開処刑された女性アグネス・マグヌズドティールの実話を描いた物語。2人の男性を殺害し、彼らの家に火を放った罪で死刑を宣告されたアグネスは、処刑日を待つ間に農家に身を寄せ、そこに住む家族と神父に事件の真実を語り、心の安らぎを得ていく。映画はトライスター・ピクチャーズが製作、ローレンスがアグネス役を演じる。

グァダニーノ監督「君の名前で僕を呼んで」は、作家アンドレ・アシマンの小説を映画化した作品で、イタリアを舞台に17歳の少年(ティモシー・シャラメ)と24歳の男子大学院生(アーミー・ハマー)のひと夏の恋を描き、ゴールデングローブ賞3部門にノミネートされている。

グァダニーノ監督は、鬼才ダリオ・アルジェントの傑作ホラー「サスペリア」(1977)をリメイクした新作が18年全米公開予定で、クロエ・グレース・モレッツダコタ・ジョンソンティルダ・スウィントンが出演している。ほかに、ベネディクト・カンバーバッチジェイク・ギレンホールと組んだ新作スリラー「リオ(原題)」も控えている。

ローレンスは、「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組んだスパイアクション「レッド・スパロー」が、18年3月2日から全米公開、3月30日から日本公開。

(映画.com速報)
サスペリア<HDリマスター/パーフェクト・コレクション>Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] サスペリア<HDリマスター/パーフェクト・コレクション>Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,676 アメリカよりやって来たバレリーナの身に起こる数々の恐怖の出来事をサーカム・サウンド(立体音響方式)で描くホラー映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi