井浦新主演!横尾初喜監督、故郷・長崎で新作「こはく」クランクイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月27日 > 井浦新主演!横尾初喜監督、故郷・長崎で新作「こはく」クランクイン
メニュー

井浦新主演!横尾初喜監督、故郷・長崎で新作「こはく」クランクイン

2018年3月27日 13:00

主演の井浦新「こはく」

主演の井浦新
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年「ゆらり」で劇場映画を初監督した横尾初喜が、故郷の長崎県を舞台に撮影する最新作「こはく」が本日3月27日、長崎電気軌道・蛍茶屋駅車庫でクランクイン。主人公を井浦新が演じることが発表された。

こはく」は横尾監督自身の幼少期の実体験を元に、父を探す主人公と兄、その母をめぐる家族愛をテーマにした作品。現在公開中の「ニワトリ★スター」ほか主演作の公開が続いている井浦は、本作で幼少期に両親の離婚により心に深い傷を負い、別れた父の姿を負い続ける主人公を演じる。脚本はドラマ「相棒」、映画「つむぐもの」などの守口悠介が手がけた。

井浦は「クランクインをしてようやく横尾組の空気にふれましたが、温かい現場だなと感じています。今回、自分がいただいた広永亮太という役を通して、自分の家族について、大事なことについて、そして自分自身について、もう一度向き合って、見直して、許せるようになって、自分もしっかりと感じとっていきたいと思っています」とコメントしている。


画像2

[拡大画像]

長崎市・佐世保市を中心に、長崎県内で約2週間撮影が行われ、400人以上の中から選ばれた市民キャスト17人が出演するほか、多数の県民エキストラも出演。4月1日には佐世保市島瀬公園に800人の市民エキストラ(現在募集中)を集めての撮影も予定しており、県内の多くのボランティアの協力を得て撮影していく。

横尾監督は今年1月に行われた製作発表記者会見に合わせ、「人は悲しみを知り、強く・優しくなれる。主人公が心の奥底に流れる自分自身の感情に気づいた時、また一つ、人として優しくなれるのではないでしょうか。40歳を前に感じるものすべてをこの作品に注いでいきます」とコメントを寄せている。2019年の公開を予定している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi