山田洋次監督、“家族”と4度目タッグで「すてきなアンサンブルが完成した」

2018年3月23日 14:00

中嶋朋子を除く“家族”が集結
中嶋朋子を除く“家族”が集結

[映画.com ニュース] 山田洋次監督が3月22日、都内で行われた最新作「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」の完成披露試写会に出席。本作は2013年に公開された「東京家族」から数え、同じキャストが“家族”を演じる4作目にあたり、「まさかこんなに長く何度も仕事をするとは思わなかったが、今ではすてきなアンサンブルが完成した。それを見るのは、監督としてうれしいこと」としみじみ語った。

完成披露試写会には山田監督をはじめ、おなじみの家族を演じる橋爪功吉行和子西村まさ彦夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡蒼井優が勢ぞろい。当日、舞台に出演していた中嶋朋子の登壇はかなわなかったが、山田監督は「皆が力いっぱい仕事をしてくれた」と労をねぎらった。

第1弾「家族はつらいよ」の熟年離婚、第2弾「家族はつらいよ2」の無縁社会に続く今作のテーマは「主婦への讃歌」。盗まれたへそくりをめぐって、夫・幸之助(西村)から心ない言葉を受けた妻の史枝(夏川)は、我慢が限界に達し、家を飛び出してしまう。史枝の不在で、平田家は大混乱。男たちは家事に悪戦苦闘し、史枝の偉大さを痛感する。

山田監督は「2作目をつくりながら、西村・夏川夫婦には大きな問題があるし、これを何とかしないといけないと思った。そのためにも3作目をつくれると思った」と本作の構想を明かし、「夏川くんにも『もし次を作るなら、君が大変だよ』と伝えていた。結果として、主婦が抱える悩みや矛盾を描けた」と語った。

この発言に、当の夏川も「台本を読んで『えっ、家出?』って(笑)。これは大変なことになったと思いました」と思わず本音。ただ、「史枝は完ぺきなスーパー主婦で、本当に苦労していたはず。(労働量を)お金に換算すれば、すごい給料がもらえる」と家出に理解を示した。

一方、西村は「僕は怒ってばっかりだった」と妻に家出された夫の気持ちを代弁。平田家の長である周造を演じる橋爪は、「夏川くんは言いたいことも言えず、不満そうな顔でじーっとしていたから、いずれ爆発すると思っていた。ここで爆発させないと(笑)。今のところ、問題が起こるとしたら、この夫婦しかいないですし」と長男夫婦のトラブルに“太鼓判”を押していた。

妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」は、5月25日から全国公開。

(映画.com速報)

東京家族[Blu-ray/ブルーレイ]

東京家族[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,136

半世紀のあいだ、その時代、時代の〈家族〉と向き合ってきた山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く。
あの頃映画 松竹ブルーレイ・コレクション 家族はつらいよ[Blu-ray/ブルーレイ]

あの頃映画 松竹ブルーレイ・コレクション 家族はつらいよ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥2,750

山田洋次監督が夫婦と家族の物語を笑いと共感とともに描く痛快ヒューマンコメディ。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース