【第90回アカデミー賞】助演女優賞は「アイ,トーニャ」アリソン・ジャネイ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月5日 > 【第90回アカデミー賞】助演女優賞は「アイ,トーニャ」アリソン・ジャネイ!
メニュー

【第90回アカデミー賞】助演女優賞は「アイ,トーニャ」アリソン・ジャネイ!

2018年3月5日 11:29

助演女優賞に輝いたアリソン・ジャネイ「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

助演女優賞に輝いたアリソン・ジャネイ
Photo by Kevin Winter/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第90回アカデミー賞の授賞式が3月4日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで行われ、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のアリソン・ジャネイが助演女優賞を戴冠した。初ノミネートでの受賞となる。

映画は、アメリカのフィギュアスケート選手として2度の冬季オリンピックに出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、マーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能で全米トップ選手へと上り詰めていくが、元夫ジェフ・ギルーリーがライバル選手を負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことで、人生が転落し始める。ジャネイは、トーニャに暴力を振るう母親ラヴォナ役を演じ、第75回ゴールデングローブ賞、第24回全米俳優組合賞で助演女優賞を獲得している。

授賞式でジャネイは「これ(オスカー像)は私ひとりの力でを勝ち取ったの。本当よ(笑)」と役柄さながらのジョークを飛ばした後、「アカデミーに感謝します。ほかのノミニーの皆さん、あなたたちは素晴らしいわ。見事な演技をしてくれました。そしてスティーブン・ロジャース、見事な脚本を手がけてくれました。このようなことに関われるとは思っていませんでした。“友人”というものに対して、新たな定義ができました。制作のトム・アッカーリーとブライアン・アンケレス、家族と友人たち、スタッフとキャストたち、知っていると思うけれど、愛しています」と真摯に感謝の言葉を述べた。

米ケニオン大学在学中、俳優のポール・ニューマンとその妻で女優のジョアン・ウッドワードに見出されたジャネイ。大学卒業後にニューヨークのネイバーフッド・プレイハウスと、英ロンドンの王立演劇学校で演技を学ぶ。1980年代中頃から舞台に立ち、96年にブロードウェイデビュー。政治ドラマ「ザ・ホワイトハウス」(1999~2006)で広く知られるようになり、エミー賞を4度受賞した。

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」は、5月4日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi