「リバーズ・エッジ」が快挙!ベルリン映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月24日 > 「リバーズ・エッジ」が快挙!ベルリン映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞受賞
メニュー

「リバーズ・エッジ」が快挙!ベルリン映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞受賞

2018年2月24日 05:00

行定勲監督は「パレード」に続き2度目「リバーズ・エッジ」

行定勲監督は「パレード」に続き2度目
(C)2018映画「リバーズ・エッジ」
製作委員会/岡崎京子・宝島社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡崎京子氏の人気漫画を二階堂ふみ吉沢亮の共演、行定勲監督のメガホンで実写化した「リバーズ・エッジ」(公開中)が、第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で国際批評家連盟賞に輝いた。

国際批評家連盟賞は、世界の映画批評家や映画ジャーナリストで構成される国際映画批評家連盟が、革新性が高いと認めた作品を称えるもの。コンペティション、パノラマ、フォーラムの各部門から、それぞれ優れた1作品に贈られるもので、本作はパノラマ部門48作品の中から選出された。同部門で日本映画が受賞するのは、2010年の行定監督作「パレード」以来、約8年ぶり。なお、フォーラム部門では11年に瀬々敬久監督の「ヘヴンズ ストーリー」、14年に坂本あゆみ監督の「FORMA」が獲得している。

行定監督は、「まさかの受賞を心からうれしく思います。私にとっては冒険ともいえる試みを評価してくれたベルリンにまた、背中を押された気持ちです。そして、岡崎京子さんの描いた世界とそのすごさが世界に認められたことを誇りに思います」と喜びを語っている。

リバーズ・エッジ」は、空虚な生活を送る女子高生の若草ハルナ(二階堂)やゲイであることから高校になじめず、いじめられる山田一郎(吉沢)らの日常が、河原に放置された“人間の死体”を中心に交錯していく姿を描く。「一週間フレンズ。」の上杉柊平やモデルとしても活躍するSUMIREのほか、土居志央梨森川葵らが脇を固める。

(映画.com速報)
ヘヴンズ ストーリー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ヘヴンズ ストーリー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,001 鬼才・瀬々敬久監督が、全9章4時間38分の長尺で描く群像ドラマ。
パレード parade[Blu-ray/ブルーレイ] パレード parade[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の青春群像劇を、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi