ポール・ベタニー「ザ・クラウン」に参加か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月15日 > ポール・ベタニー「ザ・クラウン」に参加か
メニュー

ポール・ベタニー「ザ・クラウン」に参加か

2018年2月15日 11:00

ポール・ベタニー「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」

ポール・ベタニー
Photo by Jamie McCarthy/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ポール・ベタニーがNetflixのオリジナルドラマ「ザ・クラウン」シーズン3への出演交渉を行っていると、バラエティが報じた。

「ザ・クラウン」は、「クィーン」の脚本を執筆したピーター・モーガン企画・制作総指揮のドラマで、イギリス女王エリザベス2世の治世を時間軸に沿って描く大河ドラマ。すでに配信されているシーズン2まではエリザベス女王をクレア・フォイ、王配のフィリップをマット・スミスが演じていたが、シーズン3からはキャストを一新する。

中年時代のエリザベス女王には「ナイト・マネージャー」のオリビア・コールマンが決定しており、その夫フィリップ役をポール・ベタニーがオファーされているという。ベタニーは「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」や「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」に出演している人気俳優。同ドラマにレギュラー出演するには半年間拘束されるため、スケジュール次第といえそうだ。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi