ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー インタビュー: ロン・ハワード、スター・ウォーズ銀河の開拓とハン・ソロの定義を説く

ホーム > 作品情報 > 映画「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」 > インタビュー > ロン・ハワード、スター・ウォーズ銀河の開拓とハン・ソロの定義を説く
メニュー

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

劇場公開日 2018年6月29日
2018年6月26日更新
画像1

ロン・ハワード、スター・ウォーズ銀河の開拓とハン・ソロの定義を説く

スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの知られざる過去を描いたアクションアドベンチャー「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」。本作でスター・ウォーズ銀河の開拓に挑んだロン・ハワード監督が6月中旬に来日し、伝説のアウトローの定義を説いた。(取材・文/編集部)

画像2 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved [拡大画像]

物語の舞台は、シリーズ第1弾「スター・ウォーズ 新たなる希望」の10年前。若き日のハン・ソロと生涯の相棒チューバッカとの出会いや、愛機ミレニアム・ファルコン号を入手したエピソードをひも解きながら、後に銀河の命運を握るアウトローの誕生秘話をアクション満載で描く。

当初、フィル・ロードクリストファー・ミラーの監督コンビのメガホンでスタートした本作だが、「クリエイティブ面での相違」を理由に2人は撮影途中で降板。異例の交代劇でメガホンを託されたのは、2度のオスカー受賞を誇り、同シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスが「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」の監督をオファーしたことでも知られる名匠ハワード監督だった。インタビュー直前の記者会見では、黒澤明監督からの「“3人組”で問題解決に挑め」というアドバイスに従い、脚本を手がけたローレンス&ジョナサン・カスダン親子、キャスリーン・ケネディを筆頭としたプロデューサー陣との“三角形”を構築し、予定通りの公開日までに完成させたことが明かされた。通常よりもハードな進行だったことは想像するに難くないが、これまでの経験やテクノロジーの進化よりも、キャストやスタッフの情熱が助けになった。

「撮影自体のスピードではなく、アプローチの分析や判断を早くすること、クリエイティブな選択を秩序立てることが一番大切だった。みんなにとってとてつもなく大きな試練だったが、キャスト、スタッフ全員がサポートしてくれて、最大限の力を尽くしてくれたから、結果的にとても楽しい現場だった」

ルーカスからは、「12歳だった頃の自分や、いま12歳の子どもたちがワクワクするような映画をつくること」という助言があった。ハワード監督自身が撮影現で一番ワクワクしたのは、ハンたちが惑星ケッセルでのミッションを終えて脱出するときに、ランド・カルリジアンたちと一丸となってミレニアム・ファルコン号へ駆け込みながら、追っ手と一戦交えるシーン。さらに、名コンビ誕生の瞬間を、童心に返ったかのように嬉々として振り返る。

「ハンがはじめてミレニアム・ファルコンのコックピットに入って、操縦席にすべりこむ場面。危険がいっぱいで緊迫したシーンなんだけど、彼は自分の運命を自分で切り開く。楽しい瞬間だったね。そして、チューバッカが副操縦席に座っていろいろと操作を始める。それを見ただけで、最高のコンビだって思わせてくれるんだ」

本作はスカイウォーカー家のサーガから離れた“アナザーストーリー”という位置づけにある。スター・ウォーズ銀河を特徴づける“フォース”は影を潜め、善と悪の対立構造というシリーズの伝統からも逸脱した。

画像3 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved [拡大画像]

「今回の実験のひとつは新鮮味。フォースに依存していないし、壮大な戦争の話でもない。個人の自由への闘争なんだ。ハンが葛藤しているだけでなく、キーラやチューバッカも抑圧された状況から逃げようとしている。自由を求める反逆心あふれる戦いには、若々しいエネルギーがあふれているからワクワクした。それが、他の作品と違うところだね」

「ルーカスフィルムがこの銀河の隅々の物語まで映画化していくには、リスクをとることも必要だろう。観客も、『スター・ウォーズってこういう映画だよね』という期待にとらわれず、それ以外の部分にもどんどんと踏み込んでいき、創作面での可能性を広げていかなければいけない。そういう意味でも今回は重要な実験だった思う。つくり手だけでなく観客も、スター・ウォーズの新たな一面を知れたんじゃないかな」

ハン・ソロがアウトローに成長していく過程を、裏切りや試練が待ち受けるひねりの効いたストーリーで描くことで、エピソード4以降でハンにシニカルな面がある理由を見せた。そして、このキャラクターの人物像を語るうえで避けては通れない「Han Shot First(ハンが先に撃った)」というファンの間では有名な論争にも、ひとつの答えを提示した。

画像5 写真:堤博之 [拡大画像]

「(『ハンが先に撃った』を)常に意識していた。何パターンか撮ってみたけど、僕たちのイメージに完璧に合致するものを選んだ。ハンには、勇気だけでなく行動力もあり、知性と感受性、自分が正しいことをしているという確信もある。だから、あの瞬間の彼は無鉄砲なんかじゃない。人間的な温かい心を持っているけど、戦士としての鋭い本能も同時に持っているのがわかる、ハン・ソロらしい逆説的な瞬間なんだ」

そして、本作に携わったことで、「スター・ウォーズ」シリーズを「よりリスペクトするようになった」という。「複雑なマトリックスで観客を楽しませていると実感した。様々なジャンルや方法論のマトリックスが、同時に成り立っているんだ。これを実現するのは3Dのチェスみたいに難しい。一見すると簡単そうだけど、ユーモアやアクション、ドラマを同時に成立させるのはやすやすと成し遂げられることではないんだ」。経験豊富なフィルムメーカーならではの洞察が、壮大な銀河での冒険に憧れる少年のような情熱で語られた。

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

若きハン・ソロを描いた冒険劇は、ロン・ハワード映画を華麗に踏襲する
映画評論

正史の合間を縫い製作されている「スター・ウォーズ」(以下:SW)スピンオフは、同ユニバースを拡張していく意義もさることながら、旧作ファンの希求を満たす企画といえるだろう。前回の「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」(16)は、...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全370件)
  • スピンオフとして面白かった スターウォーズ・フリークとしては、確かに違和感があるスピンオフ作品ですが、これはこれで楽しめます。ロン・ハワードらしい、2時間を飽きさせないスリリングな展開は、さすがです。 ハン・ソロの名前の... ...続きを読む

    bumei bumeiさん  2018年9月17日 17:01  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • スカッと楽しめた感じがしました。 自分たちが知ってるハン・ソロへの... スカッと楽しめた感じがしました。 自分たちが知ってるハン・ソロへのピースが当てはまっていくような前日譚ならではの楽しみもありよかったです。 これを観た後に旧三部作を観返すとチューイとの友情やバデ... ...続きを読む

    yu yuさん  2018年8月23日 14:57  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • まあまあ ロン・ハワードによる無難なスターウォーズという感じで目当てらしさはないがそれなりに楽しませてくれる作品。 ...続きを読む

    くすり くすりさん  2018年8月21日 22:35  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi