周防正行監督「Shall we ダンス?」はまさかのデビュー作のピンク映画と“同日公開” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月3日 > 周防正行監督「Shall we ダンス?」はまさかのデビュー作のピンク映画と“同日公開”
メニュー

周防正行監督「Shall we ダンス?」はまさかのデビュー作のピンク映画と“同日公開”

2018年2月3日 16:52

裏話も披露した周防正行監督「Shall We ダンス?(1996)」

裏話も披露した周防正行監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 周防正行監督が2月3日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で開催中の「さよなら日劇ラストショウ」で、1996年「Shall we ダンス?」の上映後にトークショーを行った。

公開当時は配給収入16億円の大ヒットとなり、日本アカデミー賞では対象となる13部門を完全制覇。公開後にヒロインに抜てきした草刈民代と結婚した思い出の作品でもあり、周防監督は「僕も客席で久しぶりに見ましたが、撮影から考えると22年前の自分の演出はこういうものだったのかと思った。今だったら絶対にこんなことしないというところもあったけれど、今作ってこれより面白いものになるかは言えない」と自ちょう気味に語った。

メイン館も同じ日劇2(当時は日劇東宝)だったが、「初日に、近くにあった有楽シネマが僕の『変態家族 兄貴の嫁さん』をぶつけてきた。『変態家族』のポスター越しに日劇を見上げた記憶がある」と、デビュー作のピンク映画のリバリバルと“同日公開”だったという裏話も披露。さらに、初日の舞台挨拶で客席の写真を撮ったところ「後日、写真を見たい人がいるという連絡があり、どうしてかと聞いたら旦那さんと久しぶりに映画を見に来た方がいて、その後、旦那さんが亡くなったので2人で見た最後の映画になったらしいんです。写真を見たら本当に写っていて、映画みたいだと強烈な思い出として残っている」と明かした。

その映画館があす4日で長年の歴史に幕を閉じる。周防監督は、「日劇という特別な場所がなくなるのは、時代のひとつの変わり目。映画の環境もこの10年で変わったし、ピリオドという感じがしています」としみじみ話していた。

(映画.com速報)
Shall we ダンス? 4K Scanning Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] Shall we ダンス? 4K Scanning Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,119 周防正行監督、役所広司主演で映画賞を総ナメにしたハートフルコメディの傑作「Shall we ダンス?」のBlu-ray。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi