藤竜也「とにかくきつかった」撮影でキューバ若手監督に感謝!?の“エアパンチ” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月3日 > 藤竜也「とにかくきつかった」撮影でキューバ若手監督に感謝!?の“エアパンチ”
メニュー

藤竜也「とにかくきつかった」撮影でキューバ若手監督に感謝!?の“エアパンチ”

2018年2月3日 15:51

藤竜也と大西信満「Vision」

藤竜也と大西信満
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の藤竜也大西信満が2月3日、映画「東の狼」の初日舞台挨拶を東京・新宿ピカデリーで行った。「分かりやすい映画ではないから、いかがでしたか?と聞くのはやめようと思っていた」という藤。客席からは期せずして拍手が沸き起こり、「皆さんの反応はクールで無表情だと思っていたのに、あったかい雰囲気だね。ありがとう」と目を細めた。

奈良・東吉野村で、100年前に絶滅したとされるオオカミを追い求める老猟師の執念に迫った物語。なら国際映画祭の映画制作プロジェクト「NARAtive」で抜てきされたキューバの若手カルロス・M・カンテラ監督がメガホンをとり、同映画祭エグゼクティブ・ディレクターの河瀬直美監督がプロデュースした。

カンテラ監督はビデオでメッセージを寄せ、黒木和雄監督がキューバで撮影した1969年「キューバの恋人」に対する恩返しだと強調。日本人スタッフ、俳優に感謝を述べ「特に藤さんには、ハグを送りたい」と称えた。

だが、藤は「とにかくきつかった」と苦笑いで山中でのロケを述懐。言葉の壁や日々変わる脚本にも悩まされたそうで、「頭の中に、いろんなものをギュウギュウに押し込まれた。僕の最終カットが終わった後、カルロスを呼んでパン、パンってやってやったよ。もちろん、エアでね」とシャドーボクシングを見せ、パンチをお見舞いした後に握手を交わしたことを明かした。

河瀬監督も新作「Vision」の編集中のため欠席し、ビデオで「藤さんはまず、地元の猟師たちに一升瓶を渡して『飲もう』と言ってくれた。入り口から覚悟を持っていた」と称賛。藤は、「カルロスは撮影しながら哲学を語って時間がかかるから、そういうシーンは河瀬さんが仕切っていた。でも、その苦労したシーンは全部カットになっていた」とおどけながら暴露していた。

(映画.com速報)
キューバの恋人[DVD] キューバの恋人[DVD] 最安価格: ¥3,292 キューバ革命十周年を機に、キューバの国立映画芸術協会と合作した黒木和雄の野心作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi