爆音映画祭、タイ特集第2弾開催! Soi48、空族とイサーンの映画と音楽に浸る

2018年1月28日 10:00

イサーンの映画と音楽に浸る!
イサーンの映画と音楽に浸る!

[映画.com ニュース] タイの東北部、イサーン地方の映画と音楽を特集する爆音映画祭「爆音映画祭2018 特集タイ イサーン VOL.2」が2月21日から4日間、東京・渋谷のShibuya WWWで開催される。

2016年に開催された同特集の第2弾。イサーン地方は、昨年公開され、国内外で高い評価を得た空族の「バンコクナイツ」、そしてタイを代表する映画作家アピチャッポン・ウィーラセタクンの「ブンミおじさんの森」や「光りの墓」などの舞台ともなった地域だ。

21日は、UCLAでフランシス・フォード・コッポラロマン・ポランスキーらと共に映画を学んだチャトリ・チャラーム・ユーコン監督の「タクシードライバー」、体制批判を含みながら、ミュージカル・ナンバーが全編に散りばめられた異色の「バー21の天使」、青年教師が、農村社会の階級構造や役人の腐敗に直面する社会派「田舎の教師」の3本を上映。「田舎の教師」の上映後には、Soi48のトークが行われる。

22日は、イサーン音楽映画の傑作「モンラック・メーナム・ムーン」と「花草女王」。「花草女王」のモデルであるタイの人間国宝チャウィーワン・ダムヌーンが来日し、モーラムの特別レクチャーに加えミニライブが開催される。

23日は、「バンコクナイツ」のメイキングドキュメンタリー「映画 潜行一千里」、そして空族の「サウダーヂ」、「バンコクナイツ」にも出演したスラチャイ・ジャンティマトンが音楽を務め、農夫の生活と苦悩を描いた社会派映画「トーンパーン」を上映。「映画 潜行一千里向山正洋監督と空族の相澤虎之助のトークもあり。

24日は、イサーンのスター歌手が勢揃いの娯楽映画「ルーク・メー・ムーン」が国内初上映。加えて、若手ナンバー1ケーン奏者のポンサポーン・ウパニのケーンの音に乗せてチャウィーワン・ダムヌーンと同じく人間国宝のポー・サラートノーイが掛け合うモーラムに、日本唯一のピン・プラユック・バンドMONAURAL MINI PLUG、スリ・ヤムヒ・アンド・ザ・バビロン・バンド、そしてエマーソン北村が参加するスペシャルライブが開催される。

前売り券は発売中。各種プログラム、チケット料金など詳細は公式HP(http://bakuonthai2018.com/)で告知している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com