小林稔侍が豆腐職人になりきる 「星めぐりの町」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月20日 > 小林稔侍が豆腐職人になりきる 「星めぐりの町」本編映像公開
メニュー

小林稔侍が豆腐職人になりきる 「星めぐりの町」本編映像公開

2018年1月20日 07:00

軽快トークも披露「星めぐりの町」

軽快トークも披露
(C)2018 豊田市・映画
「星めぐりの町」実行委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」の新たな本編映像が、公開された。小林扮する豆腐職人・島田勇作が豆腐の路上販売を行うシーンを切り取っている。

蝉しぐれ」で知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ。妻を早くに亡くし、娘の志保壇蜜)と2人で暮らす勇作のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井陽太)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。神戸浩六平直政平田満高島礼子らが脇を固める。

映像では、専用のトラックで町民の元へやってきた勇作が、豆腐を販売する姿がコミカルな風合いで描かれる。勇作は「(男は女に)“アンタいくつ?”って年を聞いちゃあならない」と軽妙なトークで集まった女性たちを笑わせ、次々と豆腐をさばいていく。昔かたぎな勇作の“営業トーク”がさえわたるシーンだが、「ごめんなさい、豆腐は1丁だけにしてください。まだ他にも回るところがあるので。数がないんですよ。皆さんに、1丁だけで勘弁してもらってるんです」とこだわりものぞかせている。

なお、劇中で登場する手作りの絹ごし豆腐は、京都の老舗豆腐店「平野とうふ」から特別に取り寄せたものを使用しているという。

星めぐりの町」は、1月27日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi