チョ・インソン&チョン・ウソンが金と権力に染まる「ザ・キング」18年3月10日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月9日 > チョ・インソン&チョン・ウソンが金と権力に染まる「ザ・キング」18年3月10日公開
メニュー

チョ・インソン&チョン・ウソンが金と権力に染まる「ザ・キング」18年3月10日公開

2017年11月9日 18:00

「ザ・キング」ティザーポスター「観相師 かんそうし」

「ザ・キング」ティザーポスター
(C)2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]韓国の人気俳優チョ・インソンチョン・ウソンの共演で、大統領選の裏にある醜い権力争いを描いた映画「THE KING」が、「ザ・キング」の邦題で2018年3月10日から日本公開されることが決定した。「観相師 かんそうし」のハン・ジェリムがメガホンをとり、インソンは本作で8年ぶりにスクリーン復帰を果たした。

本国韓国で観客動員数530万人を突破した本作は、歴代の韓国大統領選の裏で、金と権力のために動いた検事たちの姿をつづったクライムエンタテインメント。情報操作やイメージ戦略、時にはヤクザさえも利用する姿を通して、政治の非道さを浮き彫りにしていく。韓国のアカデミー賞と言われる第54回大鐘賞映画祭で最多14部門にノミネートされ、助演男優賞、助演女優賞、シナリオ賞、編集賞の4部門を受賞。第53回百想芸術大賞では、助演女優賞と新人男優賞の2部門に輝いた。

新人検事のパク・テスは、ある事件をきっかけにソウル中央地検のエリート部長ガンシクに出会う。ガンシクは他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだ“1%の成功者”だった。その素顔を知ったテスは、次第に悪の魅力に染まっていく。


画像2

[拡大画像]

ドラマ「大丈夫、愛だ」のインソンが、若き検事テスに扮し、悪に身を落としていく男の葛藤を体現。一方、「アシュラ」でおなじみのウソンが、富と名声を手に入れた男ガンシクを演じ、バブリーなダンスシーンや歌を熱唱する場面などコミカルな演技を見せている。さらに「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のキム・ウィソン、ドラマ「恋のスケッチ 応答せよ1988」などで知られるリュ・ジュンヨルらが脇を固める。

また、ティザーポスタービジュアルも完成。スーツ姿のインソンとウソンとともに、「プライドを捨てろ! 権力に寄り添え!」というキャッチコピーが配され、実力派2人の演技合戦に期待が高まる。

「ザ・キング」は、18年3月10日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
アシュラ[Blu-ray/ブルーレイ] アシュラ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,743 「MUSA 武士」のキム・ソンス監督が、「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン主演で、架空の都市「アンナム市」を舞台に描くクライムサスペンス。
インサイダーズ/内部者たち[Blu-ray/ブルーレイ] インサイダーズ/内部者たち[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 策士・検事・チンピラの3人の男たちが、巨大な腐敗権力をめぐり、命がけの頭脳戦を繰り広げる、サスペンスアクション作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • クワイエット・プレイスの評論 クワイエット・プレイス うららかな静寂の世界、その日常を一瞬にして恐怖に変える理不尽な脅威
  • クレイジー・リッチ!の評論 クレイジー・リッチ! “クレイジー”だけどシリアスな、アイデンティティと国籍を巡る問いかけ
  • 教誨師の評論 教誨師 俳優たちの全身全霊をかけた言葉は反転して、俳優自身の肉声として立ち上がる
映画評論の一覧を見る
Jobnavi