アシュラ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アシュラ
26%
53%
17%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「MUSA 武士」のキム・ソンス監督が、「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン主演で、架空の都市「アンナム市」を舞台に描くクライムサスペンス。刑事のハン・ドギョンは、私欲のためにあらゆる犯罪に手を染める市長のパク・ソンベによる悪事の後始末を金で請け負っていた。末期がんの妻の治療費を言い訳に、金になるならどんな悪事にも手を染めるドギョンの弱みを握る検事と検察捜査官は、ドギョンを脅迫。市長の犯罪容疑追及のためにドギョンを利用する。ドギョンを中心に、検察と市長、それぞれの思惑が交差し、生き残りをかけた戦いへと展開する。ウソンが主人公の悪徳刑事ドギョンを、市長のソンベ役を「ベテラン」のファン・ジョンミンが演じる。

2016年製作/133分/R15+/韓国
原題:Asura: The City of Madness
配給:CJ Entertainment Japan

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

映画レビュー

4.5暴力と恫喝と焦燥が生み出す戦慄と笑い。

2017年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

興奮

韓国の犯罪映画の多くは一触即発の緊張感をはらんでいるが、本作はそれが二倍三倍に濃縮されて2時間以上ずっと持続する超濃厚仕込みだ。

ギスギスした陰惨な内容ではあるが、これだけは言っておきたい。確かにろくでもない人間が騙し合いどつき合い殺し合う映画だけれど、最高に笑えるブラックコメディでもあるのです、と。

とりわけスゴいのが街を牛耳る悪徳市長を演じたファン・ジョンミン。私利私欲のためなら恫喝や暴力だけでなく、土下座もすれば自らを傷つけることも厭わない。これほどなりふり構わない悪党も珍しく、大袈裟でなく『ダークナイト』のジョーカー以来で映画の悪人像を更新したと思う。

実質的な主人公であるチョン・ウソン扮する汚職刑事も、破れかぶれ過ぎる中盤のカーチェイス以降は本当に何をしでかすかわからない。これほどまでに出演者全員が大熱演して、それが作品の個性と勢いとユーモアに繋がっている。おみごと!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
バッハ。

4.5さすが韓国

2019年10月28日
Androidアプリから投稿

恐いので好きではないけど、筋書き、演技、セット全部完璧。韓国ってほんとに見目麗しい人が多い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン2

5.0おうち-170

かいりさん
2019年7月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

生き地獄。

『工作』が素晴らしかったので、ファン・ジョンミンさんとチュ・ジフン오빠のコラボがまた観たくなった。
そこにチョン・ウソンさんまで!
これは😍祭りやなと思いきや。
全員悪いわーー。んでその演技がうまいわー、ファン・ジョンミンさんはほんま憎たらしいし、
チョン・ウソンさんも見てて怖いし(カーチェイスのシーンと葬式のシーンは、追い込まれた人間の本性が怖すぎて、演技とは思えない)、
唯一の癒しと思っていたチュ・ジフン兄さんも...腐ってる😱

暴力。カネ。ゆすり。妬み。嘘。血。クスリ。裏切り。政治の腐敗。私利私欲。
これら全てあります。セリフにあるけど、ほんとに地獄に道連れ。想像を超えてました。
アイゴーが連発するけど、ほんまアイゴーですわ、この中のどの人物にもなりたくない、関わりたくない。
そんな汚さが緊迫しながらずーーっと続きます。
韓国映画ですが、ゴッドファーザー感と昭和感感じる。とことんやりきっているし、人間の狡猾さ、汚さをこれでもかと見せてくる。見てて結構苦しいです。
各々の俳優の力量がちゃんと備わっているからこそ成せる業。
感服しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
かいり

4.0限りなき暴力と、果てしなき乾き

2019年5月8日
Androidアプリから投稿

 主役のチョン・ウソンは、ずっと昔に『私の頭の中の消しゴム』で見たことがありますが、断然今作の方がカッコよくて人間らしくて、一気にファンになりました! 目線だけで喜怒哀楽をここまで激しく表現できる俳優はめったにいません。狂った怒りの中に、どこか悲しみも佇んでいて、何というか……むちゃくちゃカッコイイんです。悪徳刑事なのに。

 目の演技がすごいのは、チョン・ウソンだけではありません。
 やはり群を抜いて恐ろしいのはファン・ジョンミン。「絶対に信じてはいけない目をしている」という作中での台詞をそのまま体現できる人なんてこの人以外いないと思います。マジで怖いですよ。
 キム検事も曲者です。相手の弱みを常に握っているくせに、ずっと敬語を使ってるのがとにかく不気味。ラストで究極の選択を迫られ、取ってしまう彼の行動は、何とも哀れです。
 弟分のソンモは、最初は純粋だったのに市長の寵愛を受けると図に乗り始めて、兄貴分を見下し始めます。金によって1番変わったのはこの男でしょう。その分、兄貴がいいトコ見せようと頑張るのも、何となく可愛いですが。

 登場するのは、そんなイカれたやつばかり。野犬と野犬の凶暴な喰らい合い。まさに一触即発! こっちまで殺されそうな勢いの殺気に息が詰まりそうになります。

 それでも2回目を見た時、泣きそうになる時がありました。

 ―夜の屋台―
 ドギョン「何かと言えばすぐ"兄貴を信じてる"だな」
 ソンモ「でも、ありがたいでしょう?」
 ドギョン「何だとこの野郎……一生恩に切るよ」
 2人笑う

 二人が笑い合うの、ここが最後なんですよね……。辛い……。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たにひろ
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る