ジャレッド・レト、ヒュー・ヘフナー伝記映画に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月5日 > ジャレッド・レト、ヒュー・ヘフナー伝記映画に主演
メニュー

ジャレッド・レト、ヒュー・ヘフナー伝記映画に主演

2017年10月5日 11:00

米PLAYBOY誌創刊者に「ブレードランナー」

米PLAYBOY誌創刊者に
Photo by Steve Granitz/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 老衰のため9月27日(現地時間)に91歳で死去した、米PLAYBOY誌創刊者で実業家、ヒュー・ヘフナー氏の伝記映画に、ジャレッド・レトが主演することがわかった。米ハリウッド・レポーターによれば、ブレット・ラトナーが監督を務める。

へフナー氏は8000ドルをかき集めて、1953年にマリリン・モンローのヌード写真を掲載したPLAYBOY誌を創刊。PLAYBOY誌と、ブロンド美女たちと戯れる自らの派手なライフスタイルを通じて、60年代の性の革命(セクシュアル・レボリューション)を代表する人物となり、一大帝国を築き上げた。

ヘフナー氏の伝記映画は、ユニバーサル・ピクチャーズとイマジン・エンタテインメントが権利を保有していた2007年頃から、ラトナーが監督として準備を進めていた。当時はロバート・ダウニー・Jr.が主演候補にあがっていたが、企画は頓挫。その後、ワーナー・ブラザースとジェリー・ワイントローブ氏に権利が渡り、15年にワイントローブ氏が死去してから、ラトナーの製作会社ラットパック・エンタテインメントが映像化権を獲得した。

今年4月、ラトナーはPLAYBOYの製作会社アルタ・ロマ・エンターテイメントと共同で長編映画として企画開発し、ヘフナー氏が製作総指揮として参加すると発表。ヘフナー氏も今回の伝記映画について、「近年、私の人生をもとにした映画を作りたいという関心やオファーが増えていました。私は映画化の期が熟したとき、クリエイティブ面における完璧なパートナーが見つかると信じていました。ブレット・ラトナーとラットパック・エンタテインメントこそ、そのパートナーだと信じています。今回のコラボレーションを心から楽しみにしています」とコメントしていた。

ラトナーは、主演に興味を示していたレトをヘフナー氏に紹介しようとしていたが、結局対面は叶わなかった。ヘフナー氏を演じることになったレトは、トランスセクシャルのエイズ患者を演じた「ダラス・バイヤーズクラブ」(13)でアカデミー賞助演男優賞を受賞。最新作は、SF映画の金字塔「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー 2049」で10月6日から全米公開、10月27日から日本公開される。

(映画.com速報)
ダラス・バイヤーズクラブ[Blu-ray/ブルーレイ] ダラス・バイヤーズクラブ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 マシュー・マコノヒーが、エイズ患者を演じるため21キロにおよぶ減量を達成して役作りに挑み、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した実録ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi