「007」最新作、2019年11月8日に公開決定

2017年7月25日 12:02

ダニエル・クレイグは少なくともあと 1作続投することが確実に
ダニエル・クレイグは少なくともあと 1作続投することが確実に

[映画.com ニュース] 「007」シリーズ最新作「ボンド25(仮題)」が、2019年11月8日に全米公開されることが決定した。

「007」シリーズを製作するイオン・プロダクションズのバーバラ・ブロッコリマイケル・G・ウィルソン、MGMのゲイリー・バーバーが明らかにしたもので、6代目ジェームズ・ボンドを務めてきた俳優ダニエル・クレイグの去就や監督、配給会社については後日改めて発表するという。

クレイグは自身のシリーズ4作目「007 スペクター」(15)以降、ボンドから退く考えを示していたが、昨秋あたりから一転して復帰の可能性をほのめかしていた。このほど最新作の公開日が決定し、米バラエティなどの報道によれば、クレイグは少なくともあと1作、続投すると見られている。

「007」シリーズは、「カジノ・ロワイヤル」(2006)から「スペクター」まで配給を手がけてきた米ソニー・ピクチャーズの権利が失効。最新作の配給権をめぐり、ソニー・ピクチャーズ、ユニバーサル・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース、20世紀フォックスの大手4スタジオと、「アメリカン・ハッスル」「her 世界でひとつの彼女」などの野心作を手がけてきたアンナプルナ・ピクチャーズを加えた5社が、争奪戦を繰り広げている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
007 スペクター[Blu-ray/ブルーレイ]

007 スペクター[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,045

スパイアクションシリーズ“007”より第24弾。ボンドと暗躍する犯罪組織の因縁と、彼の幼少期に隠された秘密を明らかにした物語。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com