「若草物語」6度目の映画化、脚本に「フランシス・ハ」グレタ・ガーウィグ

2016年8月15日 09:00

脚本家として参加するグレタ・ガーウィグ
脚本家として参加するグレタ・ガーウィグ

[映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズが数年前から進めている、米作家ルイザ・メイ・オルコットが1868年に発表した名作小説「若草物語(原題:Little Women)」の映画化プロジェクトに、「フランシス・ハ」で主演と共同脚本を務めたグレタ・ガーウィグが脚本家として参加することがわかった。

米Tracking Boardによれば、ガーウィグは「死ぬまでにしたい10のこと」「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」のサラ・ポーリーが執筆した脚本のリライトを担当するという。女優としても活躍するガーウィグは、「フランシス・ハ」以前に「ハンナだけど、生きていく!」(2007)の脚本も手がけた経歴を持つ。なお、現時点では監督やキャストは未定。

メグ、ジョー、ベス、エイミーの4姉妹が主人公の「若草物語」は、過去にサイレント期の2作のほか、ジョージ・キューカー監督、キャサリン・ヘプバーン主演の「若草物語(1933)」、マービン・ルロイ監督、ジューン・アリソンエリザベス・テイラー主演の「若草物語(1949)」、ジリアン・アームストロング監督、ウィノナ・ライダー主演の「若草物語」と、これまでに5度にわたって映画化されている(テレビ映画やミニシリーズを除く)。

(映画.com速報)

フランシス・ハ[Blu-ray/ブルーレイ]

フランシス・ハ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,136

アカデミー脚本賞にノミネートされた監督作「イカとクジラ」のほか、「ライフ・アクアティック」「ファンタスティック Mr. Fox」などウェス・アンダーソン作品の脚本にも参加しているノア・バームバック監督が、ニューヨークを舞台にモダンダンサーを目指す主人公の女性フランシスと、彼女を取り巻く奇妙な友人関係を、モノクロの映像でいきいきと描いたドラマ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース