浅野忠信、オスカー俳優ジャレッド・レトとアクションスリラーで共演!

2016年5月16日 12:00

戦後日本が舞台の「The Outsider」で共演
戦後日本が舞台の「The Outsider」で共演

[映画.com ニュース] 国際的に活躍する日本人俳優の浅野忠信が、オスカー俳優のジャレッド・レト主演の新作アクションスリラー「The Outsider(原題)」に出演すると、米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

第2次世界大戦後の日本を舞台にした本作は、捕虜となっていたアメリカ人兵士(レト)が、同房者の助けで自由の身となり、借りを返すため日本の闇社会に潜り込んでいくというストーリー。同誌によれば、浅野は同房者役を演じるという。

「地雷と少年兵」(2015)で脚光を浴びた、デンマーク出身のマーチン・ピータ・サンフリト監督が、初の英語作品としてメガホンをとる。アンドリュー・ボールドウィンが執筆した脚本は、11年版ブラックリスト(ハリウッド業界人が選ぶ製作前の優秀脚本)に選出されていた。4月初旬にレトの主演が決定した際は、今秋撮影予定だと報じられている。

本作は過去に、ダニエル・エスピノーサ監督&マイケル・ファスベンダー主演や、三池崇史監督&トム・ハーディ主演での製作が報じられたが、いずれも実現には至らなかった経緯がある。浅野が主演した「淵に立つ」(深田晃司監督)は、現在開催中のカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されており、今秋の公開を予定している。レトがDCコミックの悪役ジョーカーに扮したアクション大作「スーサイド・スクワッド」は9月10日公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース