【第39回日本アカデミー賞】ももクロが話題賞!百田夏菜子が喜び語る

2016年3月4日 21:36

話題賞に輝いたももいろクローバーZ
話題賞に輝いたももいろクローバーZ

[映画.com ニュース]アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が3月4日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われた第39回日本アカデミー賞の授賞式に出席した。主演映画「幕が上がる」での熱演が一般の観客に支持され、話題賞(俳優部門)を受賞。それぞれのイメージカラーのドレスに身を包んで登場した5人は、観客やテレビカメラに手を振りながらレッドカーペットを歩いた。

劇作家・平田オリザ氏が2012年に発表した処女小説を原作に、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が映画化。ひたむきに演劇に打ち込む女子高生たちの青春を、百田夏菜子玉井詩織高城れに有安杏果佐々木彩夏がはつらつとした演技で紡いだ。

メンバーを代表し、百田が「話題賞を頂きました!」と喜びを弾けさせると、5人はおなじみの「Z」の文字を宙に描いた。続けて百田は「いつもテレビ画面の中で見る方々が目の前にいるのは、すごく緊張します」と語り、「二宮和也さんには、『なるべく静かにしろよ』と言われていましたが、(Zポーズを)やってしまいました」と無邪気にほほ笑んだ。

さらに高城は、「映画を撮影していた時から、いつかアカデミー賞のレッドカーペットを歩きたいと言っていました」としみじみ。そして、「皆からは絶対に無理という目で見られてきましたが、たくさんの方に見てもらい話題賞を取れて嬉しい」と胸中を明かし、「まだまだ未熟ですが、映画界の仲間入りができるように頑張ります」と真摯に意気込んでいた。

話題賞は、映画ファンの一般投票により選出される唯一の部門。ニッポン放送の「オールナイトニッポン」を通じ、約4万7000通が投票された。作品部門では大根仁監督作「バクマン。」が受賞し、大根監督と染谷将太が登壇。大根監督は「『モテキ』でも話題賞を頂きました。若い人に向けた映画を作り続けたいと思っているので、若い方に支持して頂いたということは何より嬉しい」と顔をほころばせ、染谷も「映画の枠を広げてくれた気がしていた『バクマン。』が、話題賞を頂けて心から嬉しい」と歓喜。「百円の恋」で優秀助演男優賞を受賞し、「バクマン。」にも出演した新井浩文が、大根監督に呼ばれ急きょ登壇するひと幕もあった。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース