園子温、最新作「ひそひそ星」に懸念!?「異次元に行っちゃったって言われそう」

2015年10月24日 11:30

ティーチインに臨んだ園子温監督
ティーチインに臨んだ園子温監督

[映画.com ニュース] 長谷川博己が主演し、園子温監督がメガホンをとった映画「ラブ&ピース」が10月23日、開催中の第27回東京国際映画祭のJAPAN NOW部門で上映され、園監督が東京・新宿ピカデリーでティーチインを行った。

園監督が25年前に書いた脚本を映画化。ロックミュージシャンの夢破れ、うだつのあがらない日々を過ごすサラリーマン鈴木良一が、一匹の亀「ピカドン」に出会ったことから人生を変えていくさまを描く。園監督は、「脚本を書き上げてからずっとプロデューサーを探していたがなかなか見つからなくて、決まるまでは長かった」と述懐。そのうえで、「その間、同じような作品が出てくるとひやひやしていた。『トイ・ストーリー』とか『ベイブ』とか」と製作に至るまでの長い道のりを振り返った。

これに反し、キャスティングはスムーズだったそうで「西田敏行さんは、台本を渡してから返事がくるまでの期間が『台本を読む間もないのでは?』というほど早かった」と明かす。その理由を「西田さんは『希望の国』を見ていたそうで、彼は福島出身だから“ありがとう”の気持ちを込めて、もし僕からオファーがきたら受けると決めていたそうです」と嬉しそうに語っていた。

質疑応答の場面では、熱心な“園ファン”が熱い思いをぶつけるひと幕も。「年々、作風がマイルドになっていませんか?」という質問に対して、園監督は「同じことをやりたくない。『園子温だったら』という周囲の期待に反発するのが俺らしいと思っている。前作のコピーはしたくなかった」と力説。さらに「だから次の『ひそひそ星』は『園子温どこ行っちゃたんだよ!』って言われそう。異次元に行っちゃったって」と自虐を交えて会場を笑わせた。

また「亀が可愛かった!」という感想が出ると、園監督は「亀はオーディションで一番演技力のある亀を選びました」と笑いながら明かし、「メインの亀とスタントマンの亀、全部で5匹いたけど、メインの亀は『ひそひそ星』にも出ています。園組の常連になりました」とおどけていた。

第28回東京国際映画祭は、メイン会場となる六本木ヒルズのほか、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿などで31日まで開催。園監督の最新作「ひそひそ星」は、2016年に公開予定。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ひそひそ星
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「人生で観た映画は『プリティ・ウーマン』だけ」「累計400回観てる」 芸人・くまだまさしの噂は本当か?本人に聞いてきた

    1

    「人生で観た映画は『プリティ・ウーマン』だけ」「累計400回観てる」 芸人・くまだまさしの噂は本当か?本人に聞いてきた

    2021年7月31日 12:00
  2. スカーレット・ヨハンソン、「ブラック・ウィドウ」公開契約めぐりディズニーを提訴

    2

    スカーレット・ヨハンソン、「ブラック・ウィドウ」公開契約めぐりディズニーを提訴

    2021年7月31日 11:00
  3. 園子温監督&ニコラス・ケイジのタッグ作、10月8日公開! ビジュアル&日本人キャストも発表

    3

    園子温監督&ニコラス・ケイジのタッグ作、10月8日公開! ビジュアル&日本人キャストも発表

    2021年7月31日 12:00
  4. 「劇場版 呪術廻戦 0」乙骨憂太役は緒方恵美 原作者が太鼓判「ピッタリ」

    4

    「劇場版 呪術廻戦 0」乙骨憂太役は緒方恵美 原作者が太鼓判「ピッタリ」

    2021年7月31日 09:00
  5. 「ワイスピ」最新作、ド迫力の兄弟肉弾戦を公開 愛車にも“ライバル関係”を反映

    5

    「ワイスピ」最新作、ド迫力の兄弟肉弾戦を公開 愛車にも“ライバル関係”を反映

    2021年7月31日 10:00

今週