相葉雅紀、全国の観客に生告白「好きです」 榮倉奈々はキスシーン突っ込まれ赤面

2014年11月22日 15:15

舞台挨拶に立った榮倉奈々
舞台挨拶に立った榮倉奈々

[映画.com ニュース] 「嵐」の相葉雅紀が11月22日、映画単独初主演を務めた「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」の初日舞台挨拶に登壇。相葉をはじめ、共演の榮倉奈々ハン・ヒョジュ生田斗真の4人が「好き」とカメラ目線で告白するテレビCMが話題を集めているが、相葉は生中継された全国111の劇場の観客に向け「好きです」と告白シーンを再現し、舞台挨拶が行われた東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズは黄色い歓声に包まれた。

原作は、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航の同名小説。男女4人のすれ違う思いと、クリスマスの夜に起こる奇跡を描いたラブストーリー。舞台挨拶には、物語のキーとなるキャラクター「デビクロくん(デビルクロース)」の声を担当した劇団ひとり塚地武雅犬童一心監督も出席した。

劇団ひとりは、「なんと言っても榮倉さんとのラストシーンですよね! あれは何テイクやったの? とってもよかったー!」と相葉と榮倉のキスシーンに興味津々。榮倉は「恥ずかしい」と赤面したが、相葉は中学の先輩でもある劇団ひとりを「多才な先輩がいらっしゃることは幸せです」と巧みにかわしていた。

本作のために日本語を猛勉強したというヒョジュは、「私が感じた温かい気持ちをみなさんにも感じていただければうれしい」と日本語で挨拶。相葉は、「ハンさんの日本語の上達が半端ない。すごく頭のいい方」とその努力に感服しきりだった。

本作で念願の映画単独初主演を果たした相葉は、「こんな感じのメンバーで素敵な作品ができた。見てくださった方ありがとうございます。まだ見てないという方はぜひ見てください!」とアピールした。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース