「大草原の小さな家」映画化、監督にショーン・ダーキン

2014年10月20日 18:10

ショーン・ダーキン監督
ショーン・ダーキン監督

[映画.com ニュース] 1970年代に大人気を博したドラマシリーズで知られる、ローラ・インガルス・ワイルダーの半自伝的小説「大草原の小さな家」の長編映画化プロジェクトの監督として、「マーサ、あるいはマーシー・メイ」(2011)のショーン・ダーキンが起用されたと、米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

2年前に立ち上がった本プロジェクトは、ソニー・ピクチャーズが製作。脚本には、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」のアビ・モーガンが決定している。当初は「スモーキング・ハイ」のデビッド・ゴードン・グリーンが監督に予定されていた。

米NBCで1974年から全9シーズンにわたって放送された「大草原の小さな家」は、19世紀末の西部開拓時代のアメリカを舞台に、強くてたくましい父親(マイケル・ランドン)と優しい母親(カレン・グラッスル)、可愛い子どもたち(メリッサ・ギルバートメリッサ・スー・アンダーソンほか)という理想の家族を描いたファミリードラマ。日本でもNHKで放送され、幅広い層から支持を得た。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com