上白石萌音、松井珠理奈&武藤十夢との方言ラップ「きついっしょ」がサントラに収録

2014年8月18日 05:00

異色の方言ラップを披露する上白石萌音 (中央)と松井珠理奈、武藤十夢
異色の方言ラップを披露する上白石萌音 (中央)と松井珠理奈、武藤十夢

[映画.com ニュース] 周防正行監督最新作「舞妓はレディ」の劇中に登場する楽曲すべてを収録する「『舞妓はレディ』ミュージカル・ソングス&サウンドトラック・コレクション」の発売が決定した。本作は主要キャストのミュージカルシーンがふんだんに盛り込まれており、主演の上白石萌音ほか、長谷川博己富司純子草刈民代竹中直人高嶋政宏妻夫木聡ら豪華な面々が歌と踊りを披露している。

舞妓がひとりしかいなくなってしまった京都の小さな花街に、どうしても舞妓になりたいという少女・春子(上白石)が現れる。最初は断られた春子だが、京野(長谷川)の取り計らいで見習いとして働くことに。花街の厳しいしきたりや稽古、慣れない言葉づかいに苦闘する中で、ある日春子は声が出なくなってしまう。「Shall We ダンス?(1996)」の周防監督が20年温めてきた「舞妓」をモチーフに、少女の挫折と成長を描くエンタテインメント作。

サントラには、劇中使用楽曲のほか、本編に登場しない楽曲を含めた全28曲が収められている。800人超のオーディションから抜てきされ、周防監督も「類い稀な歌唱力、存在感」と絶賛する上白石の歌声にも注目が集まる。上白石がアルバイト舞妓役のSKE48松井珠理奈とAKB48武藤十夢とともに歌う、劇中には登場しない異色の方言ラップ「きついっしょ」や、映画スター・赤木裕一郎に扮する妻夫木が「愛と誠」(12)以来に挑戦したミュージカル曲「Moonlight」も収録。作品を鑑賞した人だけでなく、出演者のファンも必見のサントラとなっている。

舞妓はレディ」ミュージカル・ソングス&サウンドトラック・コレクションは、9月10日に2500円(税別)で発売。さらにハローキティとコラボした「舞妓はレディ音頭」を収録した主題化CDも、1111円(税別)で発売中。映画「舞妓はレディ」は9月13日から全国で公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース