上白石萌音、舞妓姿を初披露!“センセ”役は長谷川博己

2013年7月9日 12:53

(左から)周防正行監督、長谷川博己、上白石萌音、富司純子
(左から)周防正行監督、長谷川博己、上白石萌音、富司純子

[映画.com ニュース]  周防正行監督の最新作「舞妓はレディ」の製作発表会見が7月9日、埼玉・SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザのオープンセット内で行われ、主人公・春子役に大抜てきされた上白石萌音が舞妓姿を初披露。また、春子に舞妓のイロハを教える“センセ”で、なじみの旦那・京野法嗣役の長谷川博己、お茶屋の女将・小島千春役の富司純子も、周防監督とともに出席した。

周防監督が20年以上も温め続けてきた企画の撮影だけに、オープンセットも規格外。花街「下八軒」は約3000平方メートルにおよび、お茶屋、レストランなど17軒を立て込み、長さ70メートル、深さ2メートル、幅7メートルの「華川」が流れているという凝りようだ。

映画は、鹿児島生まれ、津軽育ちの春子が厳しい姐さんや女将のもと、京都弁、唄や舞踊の稽古にめげそうになりながらも、一人前の舞妓になることを目指し、花街で懸命に生きる姿を描く。撮影前に京都を2度訪問し、置屋にも1泊したという上白石は、芸妓姿のダンサーたちとともに本編のミュージカルシーンの一部を再現しながら登場し「暑いですが、本日はよろしゅうおたの申します」と京都弁で挨拶した。

画像2

800人が参加したオーディションで、上白石にほれこんだ周防監督は「いっぱい苦労すると思っていたらとても出来のいい娘で、こちらが助けてもらっているくらい」と絶賛。女将役の富司も、上白石の日本舞踊について「小さい頃からやっていないと難しいのですが、初めてなのにずっとやっておられるくらい上手。本当に努力家だと思う」と称えた。

周防組への参加が念願だったという長谷川は、「監督の作品はずっと見ていたので、日々感動しています」とニッコリ。一方の周防監督は、「長谷川さんは女性に人気のある二枚目だけど、ひそかに変な人だと思っていた。劇中のセンセも変わっているから、チャーミングに演じてくれるだろうと思った」と独特の言い回しで起用理由を説明していた。

なお、春子が見習いを始めるお茶屋「万寿楽」の先輩芸妓役で渡辺えり草刈民代、先輩舞妓役で田畑智子、芸妓の世話をする男衆・富さん役で竹中直人が出演する。さらに、濱田岳岸部一徳高嶋政宏小日向文世の“参戦”も発表された。

舞妓はレディ」は、2014年秋に全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
草刈民代 最後の“ジゼル”[DVD]

草刈民代 最後の“ジゼル”[DVD]

最安価格: ¥3,960

万感の思いがこもった感動のカーテンコール、鳴り止まない喝采。日本を代表するプリマ・バレリーナで、女優として活躍する草刈民代の、クラシックバレエ最後の全幕公演となった「ジゼル」。2009年1月、名門レニングラード国立バレエとの共演で行われたその舞台を夫であり映画監督の周防正行が映像化。
映画 鈴木先生 豪華版ブルーレイ【特典DVD・CD付き3枚組】[Blu-ray/ブルーレイ]

映画 鈴木先生 豪華版ブルーレイ【特典DVD・CD付き3枚組】[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥7,480

どこにでもいそうな平凡な教師が、どこにでも起こり得る問題について過剰に悩みつつ、独自の教育理論によって解決していく様を描いたドラマ『鈴木先生』が映画化!出演:長谷川博己

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース