西田敏行、共演の秋田犬を「孤高の人」と称賛

2011年5月9日 17:39

ひまわりを持って登壇した(左から)藤竜也、岸本加世子、 西田敏行、玉山鉄二、川島海荷、中村獅童
ひまわりを持って登壇した(左から)藤竜也、岸本加世子、 西田敏行、玉山鉄二、川島海荷、中村獅童

[映画.com ニュース] 西田敏行の主演最新作「星守る犬」の完成報告会見が5月9日、都内のホールで行なわれ、西田をはじめ共演の玉山鉄二川島海荷中村獅童岸本加世子藤竜也瀧本智行監督、原作者の村上たかしが出席した。

同作は、「とにかく泣ける」と各メディアで絶賛され累計発行部数47万部を突破した同名漫画を映画化。名もなき男と愛犬ハッピーの旅路を通し、人生の夢と挫折、老いと孤独、リストラ、熟年離婚、無縁死などを絡めながら、人と動物の間に育まれた家族愛を描く。

西田はオファーを受けた際、東京から大阪へ移動する新幹線の中でマネージャーから原作を手渡されたという。「浜松でほぼ号泣し、名古屋でやると決め、大阪ではハッピーを連れている気分でスーツケースを引きずっていた」と述懐。撮影は昨年の夏から冬にかけて行われたが、「原作の素晴らしさ、映画化への自分の熱い思いが実を結び、素晴らしい作品になった」と自信のほどをうかがわせた。

“共演”の秋田犬ハッピーについて、「遺伝子がオオカミに近いのか人にこびたりしない。犬に饒舌・寡黙があるのなら、かなり寡黙」と評した。東京から北海道へと北上するロードムービーだけに、「野郎2人の旅って感じで気持ちがさばけてきた。彼はカメラに向かって芸をするようなタイプではなく、孤高の人」と賛辞をおくった。

玉山は、西田演じる「おとうさん」の遺体の埋葬処理を請け負ったことから、死までの足取りをたどる旅に出る市役所勤務の青年に扮した。西田との共演シーンはなかったそうだが、「現場ではずっと一緒でした。毎日のように西田大先輩が飲みに誘ってくれた。本当に、旅番組のようにご一緒させていただいた」とニッコリ。岸本は、「西田さんとは海荷ちゃんくらいの年齢のときに『西遊記』でご一緒して以来。別れてしまうけれど、夫婦を演じられて本当にうれしかった」と感無量の面持ちだった。

星守る犬」は、6月11日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース