アカデミー賞大混戦 授賞式直前で、本命「英国王のスピーチ」が失速

2011年2月22日 11:07

ゴール目前で足踏み状態
ゴール目前で足踏み状態

[映画.com ニュース] アカデミー賞授賞式を1週間後に控えているが、優勢と見られていた「英国王のスピーチ」の勢いに陰りが見えてきた。

米映画編集者組合(ACE)に所属する映画編集者の投票によって決まるACE Eddie賞の授賞式が2月19日(現地時間)に行われ、「ソーシャル・ネットワーク」が最優秀賞にあたるBest Edited Dramatic Feature Film賞を受賞した。また、同日に行われた米映画音響編集者組合(Cinema Audio Society)に所属する音響編集者が選考するCAS賞においては、「トゥルー・グリット」が最優秀賞にあたるOutstanding Achievement in Sound Mixing for Motion Pictures賞を受賞した。

これまでの賞レースにおいて、主な批評家賞では「ソーシャル・ネットワーク」が独走していたが、今年になって各組合賞で「英国王のスピーチ」が作品賞を立て続けに受賞。SAG賞、DGA賞、PGA賞といった組合賞を投票するメンバーと、アカデミー会員は重複することから、「英国王のスピーチ」が優勢と見られていた。

しかし、アカデミー賞の直前になって、ACEやCASといった組合賞で「ソーシャル・ネットワーク」や「トゥルー・グリット」が受賞したことから、終盤になってアカデミー賞レースは混とんとした様相を呈してきたといえる。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
英国王のスピーチ (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース