高橋みなみ大粒の涙、「AKB48」ドキュメンタリー映画公開

2011年1月22日 12:37

高橋みなみも写真撮影ではニッコリ笑顔
高橋みなみも写真撮影ではニッコリ笑顔

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「AKB48」の、初となるドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が1月22日、全国91スクリーンで公開された。

全国52劇場で生中継されたこの日、同グループの大島優子前田敦子篠田麻里子板野友美渡辺麻友高橋みなみ小嶋陽菜柏木由紀宮澤佐江河西智美峯岸みなみ秋元才加北原里英指原莉乃横山由依、メガホンをとった寒竹ゆり監督は、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶に立った。“タカミナ”こと高橋は、「より一層、私たちに親近感をもってくださればうれしいです」と深々と頭を下げた。

そんな高橋だが、寒竹監督が「1年間密着し、彼女たちのことが本当に大好きになった。10年後、こんなに頑張っている人たちが報われる世の中であってほしい」と話すと、こらえきれずに大粒の涙をこぼした。前田や小嶋に肩をたたかれながら、「寒竹監督に言われるとずっしりくる。うれしさのあまり涙がこぼれました」と話した。

大島も、「個々のインタビューで、寒竹さんが本当に私たちを受け入れる態勢で、すっと心に入ってくれた。だからこそ、自分の気持ちをさらけ出せた」と笑った。そして、「スノーボードをしている姿を初めてお見せできた。新たな一面を知っていただけたら」。前田は、「映画を撮るって教えてもらったのは去年の10月くらい。見てみてビックリ。そこを撮られていたんだあって」と説明した。

密着インタビューで食事をするシーンがある板野は、「豚足をどんだけ食べるんだよって感じですね……。でもおいしかったですよ!」。渡辺は、「お尻の話ばっかりしていましたが、アニメイトへ行けて楽しかったです」と語り、客席に手を降った。そして、高橋は「メンバー同士で見ていても、こんなこと思っているんだと感じることもありました。『AKB48』が嫌いな方にも、ぜひ一度見ていただきたい」とアピールしていた。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース