「AKB48」ドキュメンタリー映画、主題歌は発売未定の新曲

2011年1月20日 08:00

主題歌が「少女たちよ」に決まった!
主題歌が「少女たちよ」に決まった!

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「AKB48」の、初となるドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」の主題歌が、同グループの新曲「少女たちよ」に決まった。同作のために制作された楽曲で、リリースは一切未定のため、劇場でしか聞くことのできない“プレミアム・ソング”となる。

作詞を手がけたのはAKB48の総合プロデューサーであり、同作の企画を務める秋元康。夢に向かって悩みながらも、ひたむきに努力するメンバーたちとリンクする明るく前向きで力強いナンバーだ。映画のエンドロールでは、多忙を極めた昨年末に行われた「少女たちよ」のレコーディング映像を見ることができるため、最後まで楽しめる構成になっている。

岩井俊二監督が製作総指揮をとる同作は、2010年の全活動に密着し、1000本を超える収録テープに記録された各シングルの製作過程、横浜アリーナや代々木第一体育館でのライブ、選抜総選挙などを通し、これまで明かされることのなかった素顔に迫るドキュメンタリー。また、ロケバスのなかで熟睡する姿やリハーサル中に携帯電話に見入る姿など、メンバーの“オン”と“オフ”の姿が収められている。

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」は、1月22日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース