「カンフー・パンダ6」も 米ドリームワークス、大量の続編製作を画策

2010年12月7日 11:30

「シュレック フォーエバー」は12月18日日本公開
「シュレック フォーエバー」は12月18日日本公開

[映画.com ニュース] 「シュレック」や「マダガスカル」など複数の人気アニメを抱えるドリームワークスが、大量の続編を計画していることが明らかになった。同スタジオの最高経営責任者であるジェフリー・カッツェンバーグが、英エンパイア誌に明言。今年、全米で大ヒットした「ヒックとドラゴン」に関しては最低でも3部作、すでに第2作まで公開されている「マダガスカル」に関しては全4部作、「カンフー・パンダ」は全6部作にする計画だという。

「ドリームワークス作品に共通しているのは、それぞれの映画に起承転結があるということだ。続編でもきちんと完結している。いわば壮大な物語の1章であり、われわれは全体像を捉えてから作品をつくっているんだ」

米アニメ界ではピクサーとドリームワークスが2大巨頭だが、アニメーター出身のジョン・ラセターがチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるピクサーと、スタジオの重役出身のカッツェンバーグが率いるドリームワークスでは、その傾向がまったく異なっている。

カッツェンバーグはかつて、米ワイアード誌のインタビューで「僕は実業家であり、アニメーションをビジネスとして捉えている」とコメントしており、大量の続編製作もビジネス的判断といえる。なお、「シュレック」シリーズに関しては第4弾「シュレック フォーエバー」で完結したものの、長靴をはいた猫を主人公にしたスピンオフ「Puss in Boots」が来年公開される予定だ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース