ドリームワークス「ヒックとドラゴン」続編が早くも決定 2013年公開へ

2010年4月28日 12:47

人気シリーズになることを期待!
人気シリーズになることを期待!

[映画.com ニュース] ドリームワークス・アニメーションの3Dアニメ映画「ヒックとドラゴン」(8月7日日本公開)の続編製作が早くも決定。同社CEOのジェフリー・カッツェンバーグが、2013年中に劇場公開する計画があることを正式に発表した。

ヒックとドラゴン」は、「リロ&スティッチ」のディーン・デュボアクリス・サンダース監督が、クレシッダ・コーウェルによる同名児童小説を映画化したファンタジーコメディ。ドラゴン語が話せるバイキングの少年ヒックが、わがままなチビドラゴンと出会い、力を合わせて巨大で邪悪なドラゴンと戦う姿を描く。主人公ヒックの声を「トロピック・サンダー」「ミリオンダラー・ベイビー」のジェイ・バルチェルが務めるほか、ジェラルド・バトラージョナ・ヒルらが声優として出演している。

同作は3月26日に全米公開され、すでに全世界で興行収入3億7500万ドル(約350億円)の大ヒットを記録。ドリームワークスでは、このほど第4作「シュレック・フォーエバー」をもって完結する「シュレック」に代わる人気シリーズへと育てていきたい意向だ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース