シュワちゃん代表作「トータル・リコール」リメイク決定

2010年7月30日 15:43

「ソルト」の脚本家を起用
「ソルト」の脚本家を起用

[映画.com ニュース] 1990年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演SFアクション「トータル・リコール」が、リメイクされることが分かった。米ハリウッド・レポーター誌によれば、「ダイ・ハード4.0」「アンダーワールド」シリーズのレン・ワイズマンが、監督として交渉中だという。

フィリップ・K・ディックの短編未来小説「追憶売ります」が原作で、火星を旅する夢を繰り返し見る建設技師が、自分の記憶が植え付けられたものだと知り、本当の自分を探しに火星へ旅立つ物語。ポール・バーホーベン監督がメガホンをとったオリジナル版は、アカデミー賞視覚効果賞を受賞している。現カリフォルニア州知事のシュワルツェネッガーについて報じる米メディアが、今でも引き合いに出すほどの代表作。

アンジェリーナ・ジョリー主演アクション「ソルト」の脚本を執筆したカート・ウィマーが、リメイク版の脚色を手がける。プロデューサーのニール・モリッツによれば、現代的なアレンジが加えられたストーリーになるという。現在のところキャストは未定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース