誰もが一度は真似してる?引用されることの多い映画の決め台詞ベスト10

2010年4月19日 11:52

アイル・ビー・バック!
アイル・ビー・バック!

[映画.com ニュース] 米映画サイトMoviefoneが、引用されたり真似されたりすることの多い映画のなかの名台詞・決め台詞のベスト10を発表した。

単に名台詞というだけでなく、「Overused(使い古された)」キャッチフレーズという切り口のランキングの第1位に輝いたのは、「ターミネーター」シリーズでアーノルド・シュワルツェネッガーが口にする「I'll be back(アイル・ビー・バック)」。日本でも大流行したフレーズだ。第2位には、ジェームズ・ボンドの決め台詞がランクイン。また、ベスト10中に「ザ・エージェント」(キャメロン・クロウ監督)から2つの台詞がランクインしている。

第8位の「スカーフェイス」(ブライアン・デ・パルマ監督)に関しては、ここで取り上げられた主人公トニー・モンタナ(アル・パチーノ)のラストシーンの台詞もさることながら、アメリカ人の男なら必ず一度はパチーノのキューバ訛りの英語を真似しているはずだと同サイトは指摘している。

ちなみに、AFI(アメリカ映画協会)が05年に発表した「映画の名台詞100」では、「I'll be back」は第37位。第1位は、「風と共に去りぬ」のラストシーンでレット・バトラーがスカーレット・オハラに向かって言い放つ「Frankly, my dear, I don't give a damn(正直なところ、そんなことは私にとってどうでもいいことだ)」だった。

引用されることの多い決め台詞ベスト10は以下の通り。

1.「I'll be back」(必ず戻る)
アーノルド・シュワルツェネッガーターミネーター
2.「…Bond, James Bond」([名前は]ボンド。ジェームズ・ボンド)
すべてのボンド俳優「007」シリーズ
3.「Houston, we have a problem」(ヒューストン、トラブル発生だ)
トム・ハンクスアポロ13
4.「May the force be with you」(フォースが共にあらんことを)
ハリソン・フォードアレック・ギネスほか「スター・ウォーズ」シリーズ
5.「You can't handle the truth!」(真実は、お前の手には負えない)
ジャック・ニコルソンア・フュー・グッドメン
6.「Show me the money!」(カネを見せろ/カネ持ってこい)
キューバ・グッディング・Jrトム・クルーズザ・エージェント
7.「Run, Forrest, run!」(走って、フォレスト。走るのよ!)
ロビン・ライト「フォレスト・ガンプ」
8.「Say hello to my little friend!」(俺の坊やに挨拶しな!)
アル・パチーノスカーフェイス
9.「I'm the king of the world!」(僕は世界の王だ!)
レオナルド・ディカプリオ「タイタニック」
10.「You had me at hello」(最初から、あなたの虜だった)
レニー・ゼルウィガーザ・エージェント

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン