夜、鳥たちが啼く

劇場公開日:

夜、鳥たちが啼く

解説

「アルプススタンドのはしの方」の城定秀夫監督が、作家・佐藤泰志の同名短編を映画化。同じく佐藤泰志原作の映画「そこのみにて光輝く」などの高田亮が脚本を手がけ、人生を諦めかけた作家とシングルマザーの奇妙な共同生活を描く。

売れない作家・慎一は同棲していた恋人に去られ、鬱屈とした日々を送っていた。そんな彼のもとに、友人の元妻・裕子が幼い息子を連れて引っ越してくる。恋人と暮らしていた一軒家を母子に提供し、自身は離れのプレハブで寝起きする慎一は、これまで身勝手に他者を傷つけてきた自らの無様な姿を終わりのない物語へとつづっていく。一方、裕子はアキラが眠ると町へ繰り出し、行きずりの男たちと身体を重ねる。互いに深入りしないように距離を保ちながら、表面的には穏やかな日常を送る慎一と裕子だったが……。

主人公・慎一を山田裕貴、裕子を松本まりかが演じる。

2022年製作/115分/R15+/日本
配給:クロックワークス
劇場公開日:2022年12月9日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0傷ついた者たちの再起の願い

2022年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

芥川賞、三島由紀夫賞など主要文学賞の候補にたびたび挙がりながら、1990年に自ら死を選んだ作家・佐藤泰志。だが2010年に映画化された「海炭市叙景」以降は文学ファン以外にも広く名が知られるようになり、この「夜、鳥たちが啼く」で原作小説が映画になるのは実に6度目。もっと早く評価されていたら……と惜しまれるが、本作の主人公・慎一も売れない作家であり、これまでの映画化作品の中でもとりわけ原作者の心情が投影されたストーリーと言えそうだ。

原作の短編はあいにく未読だが、「夜、鳥たちが啼く」という題に関して。まず「鳴く」ではなく「啼く」が選ばれている。日本語大辞典の「啼」の項によると、「鳥などが声高く鳴く」のほかに、「涙をながし声を発して泣く」の意味もあるという。もちろん映画の中にも近所の鳥小屋の中で鶏らしき鳥が鳴く描写があるのだが、それぞれの結婚生活が破綻し挫折感を抱える慎一(山田裕貴)と裕子(松本まりか)が心の中で流す涙や声にならない叫びを示唆しているようにも思える。

題に関してもう一点。佐藤泰志は「きみの鳥はうたえる」でビートルズの楽曲『And Your Bird Can Sing』の題を借用しており、作中には主要人物の1人である静雄がこの歌を歌う場面もある。佐藤本人もビートルズ好きだったのではと推測できるし、ひょっとしたら「夜、鳥たちが啼く」の題もビートルズの『Blackbird』の冒頭、「Blackbird singing in the dead of night」への言及ではなかろうか。実質的に作詞作曲したポール・マッカートニーは、1960年代当時の米国の公民権運動をめぐり差別された黒人女性について歌った曲だと説明しているが、詞全体としては、傷ついた存在の再起を願う気持ちが伝わってくる。佐藤泰志もまた、慎一と裕子の、そして自分自身の再起を祈る想いをこのタイトルに託したのではないか。連想が飛躍しすぎかもしれないが、映画にもそれに近いメッセージが込められているように思う。

コメントする (0件)
共感した! 8件)
高森 郁哉

3.0特に何も起こらない

2024年2月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ダビ

3.0なるべくして

2023年12月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

なるべくしてなった関係性。
人は多かれ少なかれ、傷を抱えて生きている。
その傷を舐め合い、慰め合える間柄の人が必要なのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
上みちる

3.5R-15‼️

2023年11月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

幸せ

同棲相手と別れたばかりの売れない作家の元へ転がり込んだ、友人の元妻とその息子。二人に母屋を提供し、自分はプレハブで暮らす作家だったが・・・。3人の奇妙な共同生活とその関係の変化を淡々とスケッチ風に描いております‼️映画は同棲相手と別れることになったいきさつを、フラッシュバックとして所々挿入してあるのですが、これが映画的に分かりにくく、たまに現在なのか過去なのかイマイチはっきりしない感じになる。元妻が夫と別れる理由が、夫の浮気相手が作家の同棲相手というのはちょっと衝撃でしたし、元妻が夜中に欲望を持て余して、男漁りに出かけることがタイトルに引っ掛けられていたり、それ以外は特に事件らしい事件もなく、これから3人は新たな家族となるんだろうなぁとほのぼのと思わせてくれる、良い映画かな・・・。

コメントする 2件)
共感した! 10件)
活動写真愛好家