カモン カモン

劇場公開日:

カモン カモン

解説

「20センチュリー・ウーマン」「人生はビギナーズ」のマイク・ミルズ監督が、ホアキン・フェニックスを主演に、突然始まった共同生活に戸惑いながらも歩み寄っていく主人公と甥っ子の日々を、美しいモノクロームの映像とともに描いたヒューマンドラマ。ニューヨークでひとり暮らしをしていたラジオジャーナリストのジョニーは、妹から頼まれて9歳の甥ジェシーの面倒を数日間みることになり、ロサンゼルスの妹の家で甥っ子との共同生活が始まる。好奇心旺盛なジェシーは、疑問に思うことを次々とストレートに投げかけてきてジョニーを困らせるが、その一方でジョニーの仕事や録音機材にも興味を示してくる。それをきっかけに次第に距離を縮めていく2人。仕事のためニューヨークに戻ることになったジョニーは、ジェシーを連れて行くことを決めるが……。「ジョーカー」での怪演でアカデミー主演男優賞を受賞したフェニックスが、一転して子どもに振り回される役どころを軽やかに演じた。ジェシー役は新星ウッディ・ノーマン。

2021年製作/108分/G/アメリカ
原題:C'mon C'mon
配給:ハピネットファントム・スタジオ
劇場公開日:2022年4月22日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5愛おしさが胸いっぱいに広がっていく

2022年4月26日
PCから投稿

ただただ愛おしさがあふれて止まらなかった。本作には観客の心をふっと和らげて、肩にのしかかった重みを軽くしてくれる力がある。私の場合、特にインタビューマイクを向けられる子供たちの言葉に胸打たれた。これからの未来を担う彼らが放つ、どんな優れた哲学者や思想家よりも人をハッとさせる考察や思索。それは期せずして叔父と共に取材旅行を続けることになる9歳の甥にも通じることで、とりわけ彼が刻んだ言葉はこの時代を生き抜く上で指針となりうるもの。少なくとも私はこの先ずっと忘れないだろう。さらには、ホアキン・フェニックス演じる叔父と甥が無邪気に戯れるシーンの素晴らしさ。互いに心から信頼しあえる間柄でなければあんな空気感は醸成できない。濃密で生き生きとした関係性がそっくりそのまま映像に焼き付いているからこそ感動はひとしおだった。愛情や温もりに満ちたホアキンにこれほど優しい気持ちにさせられるとは思ってもみなかった。

コメントする (0件)
共感した! 19件)
牛津厚信

4.0やっと観れた、映画館で観なかったことを後悔してる… 静かな余韻に浸...

2024年5月26日
iPhoneアプリから投稿

やっと観れた、映画館で観なかったことを後悔してる… 静かな余韻に浸れる映画

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Mk.plass

2.5子役の映画

2024年4月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あたしはホアキン・フェニックスの快演を見たかった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mamagamasako2

4.0ライフサイクルの再解釈

2024年3月20日
iPhoneアプリから投稿

わかままで感情的な大人たちと、我慢ばかりして冷静な子どもたちの対比が面白い。
本の朗読と、子どもたちへのインタヴューシーンは魅力的な言葉に溢れている。特に星の子供たちの朗読は力強い。地球に生まれて星に帰るまで、大人でも子供でも立っている場所、見えているものは同じなのだ、人と人という意味で対等なのだと気付かされる。
カモンという英熟語に、強くお願いするというニュアンスが含まれている事を知り、大人も子供も立場に合わせて態度を取り繕う必要なんか無いのだという、メッセージを感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
NORI
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る