BAD CITY

劇場公開日:

解説

Vシネマ、映画、ドラマ、バラエティなど、幅広く活躍する小沢仁志が還暦記念映画として、自身のオリジナル脚本、製作総指揮、主演で描いたアクション。

「犯罪都市」の異名を持つ漢城市に縄張りを持つ桜田組の組長が、韓国マフィア・金数義によって殺された。金とひそかにつながっていたのが、漢城市を影で操る巨大財閥・五条財閥の会長・五条亘だった。検察庁検事長の平山健司は悲願である五条の告発のため、公安0課の小泉香を中心に、熊本、西崎、野原というメンバーを集めて特捜班を結成する。そして平山は、特捜班のもうひとりのメンバーとして、ある事件を起こした罪で刑務所に服役している強行犯警部の元刑事・虎田誠を期限付きでチームに復活させる。

虎田役を務める小沢は、CG・スタントなしで100人以上を相手に繰り広げるアクションにも挑戦。五条役をリリー・フランキー、平山役を加藤雅也が演じるほか、壇蜜、かたせ梨乃、坂ノ上茜、勝矢、三元雅芸らが顔をそろえる。監督、アクション監督は「HYDRA」の園村健介。

2022年製作/117分/PG12/日本
配給:渋谷プロダクション

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)2022「BAD CITY」製作委員会

映画レビュー

3.5世界はまだOZAWAを知らない。

2023年2月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本には小沢組というチームがあり、小沢仁志という映画人を支えている。武骨で知られるこの俳優は、数多くの映画やVシネマに出演している。基本とするのはガチであること。還暦を迎えても尚、身体を張ってフロントラインに立つ。その為には、身体をいじめ抜き、範となる動きで臨まなければならない。現場で叩き上げられた彼の精神は、全く揺るぐことがない。

倉田アクションジムで武闘芝居の経験がある園村健介監督は、千葉真一や倉田保昭が作った日本のアクションを、香港で異次元へと昇華させた谷垣健治らとの現場経験を活かしたガチな次元へと導く。端的に述べるなら、身体と身体がぶつかり合う格闘をベースに、時にアクロバチックな小技を盛り込み、世界スタンダードの表現を目指す。現場一徹、叩き上げの小沢と次世代の監督が出会ったとき、新たなるDNAが発芽する。

共演者たちが嬉々としている。周りを心配させる新米刑事を演じた坂ノ上茜、チームを組む三元雅芸、勝矢。特にヤクザの波岡一喜の表情がいい。
誰もが体力の限りを尽くし、暴れまくってやると気合い充分。画面から溢れ出さんばかりの気概が、無茶を承知で身体を張る刑事たちに更なる緊張をもたらす。

街を牛耳る財閥、権力者に子飼いにされたコリアンマフィア、幹部を殺られて黙ってられないヤクザ、三者の睨み合いに刑事たちが割り込む。
三つ巴ならぬがっぷり四つの絡み合いが、猛スピードで激走する。世界よ、今こそOZAWAという映画人がいることを知れ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
高橋直樹

4.5中間市w

2023年2月8日
スマートフォンから投稿

興奮

現職の市長さんが出演されてる現地で観賞しました。
映画見終わったあと、帰りにトイレに立ち寄ったときにビクビクするくらいに楽しめました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ぱらすあてね

4.0還暦にして新しいアクション。

2023年2月7日
スマートフォンから投稿

楽しい

単純

興奮

 ストーリーは、
よくある様な展開だし、
制作費もそこまで多くない作品だけど、
アクションの工夫がシッカリしている。

 銃を使えない設定や、
エキストラの工夫で、
壮絶で大規模なアクション感を造っている。

坂口拓さんのスピード格闘アクション、
小沢仁志さんのパワー暴力アクション、
ジャンルの違う格闘アクションが、
ぶつかり合うのが、
新鮮で面白かった。

 坂ノ上茜さんが、
バラエティのイメージと違い、
しっかりとアクションと演技していて、
とても良いキャラクターになってた。

小沢仁志さんのセリフが、
少し聴き取りづらい部分は、
チョット残念。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
レトログレイド 373

3.0リリーフランキーの存在感

2023年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

小沢仁志兄貴の還暦記念作品ですね。
小沢兄貴の演技は説明不要でしょうが、自分的には初めて認知した坂ノ上茜ちゃんのアクションが素晴らしかったと思います。今後の活躍が気になりますね。
あとは何といってもリリーフランキーですね。こういう役が本当に上手い。凶悪を思い出しました。
個人的には喧嘩のシーンがちょっと長く途中で飽きてしまったけど、概ね楽しめました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Hideking
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る