中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー 2007-2016 歌旅~縁会~一会

劇場公開日:

  • 予告編を見る
中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー 2007-2016 歌旅~縁会~一会

解説

日本を代表するシンガーソングライター・中島みゆきが2007年から16年まで開催し、その模様を収録して「中島みゆき 劇場版」シリーズとして劇場公開された3つのライブ作品から厳選された15曲を再編集した総集編。07年公開の「歌旅劇場版」から「糸」「宙船(そらふね)」「ファイト!」「誕生」「地上の星」、15年公開の「縁会2012~3 劇場版」から「空と君のあいだに」「時代」「倒木者の敗者復活戦」「世情」「ヘッドライト・テールライト」、17年公開の「一会(いちえ)2015~2016 劇場版」から「旅人のうた」「命の別名」「浅い眠り」「麦の唄」「ジョークにしないか」と、中島みゆきのベスト版的な選曲をライブテイクで一挙披露。チケット入手困難な中島みゆきのライブを迫力の5.1chのサラウンドで上映する。

2022年製作/85分/G/日本
配給:ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2022 YAMAHA MUSIC ENTERTAINMENT HOLDINGS, INC.

映画レビュー

5.0中島みゆきを堪能できます

2022年3月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

中島みゆきさん好きな夫と鑑賞

ただただ圧巻!
ライブ映像を繋いだだけの映画ですが、中島みゆきの凄さを十分に感じさせます。
中島みゆきの歌は祈りなんだ・・・
ふとそんなふうに思いました。

比較的新しい曲が多いので、団塊の世代の夫はやや不満だったようですが、
わたしは予想以上に感動しました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ayuyu

5.0少しでも興味があれば行くべき

2022年2月14日
iPhoneアプリから投稿

私は30代なので、世代的に90年台以降の曲を中心に聴いてきたのですが、今回の15曲は代表曲ばかりでしたので十分すぎるほど楽しめました。

これまでCDと僅かなテレビ出演の映像でしか歌声を聴いたことがありませんでしたので、こんなにもライブの価値が高い歌手だということを知りませんでした。

声と表情の抑揚が圧巻で、「世界に引き込まれる」とはこういうことなんだと実感しました。
ライブ映像でこれなら、生歌聴いたらどうなるんだろうと…

年齢的にもご時世的にも今後生歌を拝聴できる機会はないかもしれませんが、できるなら一度だけでもと強く思わせてくれる作品でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
YOU-KING

4.5『ファイト』『誕生』を唄う中島みゆきは女神。

2022年2月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

①「冷たい水の中を震えながら上(のぼ)って行け」の“つ”から“け”にかけての歌い上げ方にこの人が歌詞へどれ程の想いを込めているかがガツンと伝わってくる。②50年余に渉るこの人のシンガーソングライターとしての軌跡を思うとき、私の若い頃には人気は勿論ありましたが「暗い」だの「ふられ歌専門」だのとさんざん言われていたけれども、この人の歌は、前半の20年間近くは高度経済成長やバブルに取り残された人々の想いに寄り添い応援し、後半の30年間余りは急速に勢いを失い停滞し続ける日本という国の中で元気を失くし閉塞感の中で喘ぎ苦しみ悩む人々に寄り添い支えてきたのだな、と今更ながらに思う。③『麦の唄』を歌い上げる姿に何故かエディット・ピアフの姿が重なって見えた。④満点でも良かったのだが、『2艘の舟』はもともとの劇場版には無かったので仕方ないにしても、『銀の龍の背に乗って』と『風の笛』が入って無かったので⭐一個だけ減らしてます。

コメントする 1件)
共感した! 2件)
もーさん

4.0めっちゃお得。

2022年2月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

中島みゆきのコンサート映画は、前から観たいと思っていたのだが、なかなか機会がなかった。
ところがそうやって行けないでいたら、今回の企画だ。

2007年から16年までを収録し「中島みゆき 劇場版」シリーズとして公開された3つのライブ作品から厳選された15曲を再編集した総集編! なんともお得な機会を、もらった。これは、今度こそ行かないわけにはいかないでしょう!

その結果、演目は、「糸」「宙船」「ファイト!」「誕生」「地上の星」「空と君のあいだに」「時代」「倒木者の敗者復活戦」「世情」「ヘッドライト・テールライト」「旅人のうた」「命の別名」「浅い眠り」「麦の唄」「ジョークにしないか」となりました。どうですか、この豪華ラインナップ!! もう、めちゃくちゃ楽しかったです!!

おまけ
1. 中島みゆきの声って、あらためて不思議。野太い印象があるが、実際に聴くと、一音一音がずっと先まで響いていくような声。すべての音が腹の底から出されている感じ。コーラス隊を、伴奏者達を、そして観客をすら引き連れて行く。その姿はまさに皇帝のようだ。

2. ヤマハの音楽産業における近年の偉業は、一つは「ボーカロイドを世に出したこと」であり、もう一つは「ポプコンの舞台で中島みゆきを見出したこと」だよなぁ。

コメントする 1件)
共感した! 2件)
CB
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「中島みゆき 劇場版」シリーズ関連作品

他のユーザーは「中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー 2007-2016 歌旅~縁会~一会」以外にこんな作品をCheck-inしています。