テレビで会えない芸人

劇場公開日:

  • 予告編を見る
テレビで会えない芸人

解説

立川談志や永六輔、井上ひさしらに愛された芸人・松元ヒロの生き方、彼の笑いの哲学から現代社会を映し出したドキュメンタリー。2020年5月に鹿児島でのローカル放送後、全国で放送され、日本民間放送連盟賞最優秀賞などさまざまな放送賞を受賞した同名ドキュメンタリー番組に追加撮影と再編集を加え、劇場公開。かつて社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」のメンバーとして人気を博した芸人・松元ヒロ。90年代末、舞台に活動の主戦場を移した彼は、政治や社会問題を題材にしたスタンダップコミックで人気を博す。日本国憲法を人間に見立て、20年以上語り続ける松元の代表作「憲法くん」は渡辺美佐子主演で映画化もされた。なぜ、松元ヒロはテレビから去ったのか。テレビで会えない芸人の生き方を選択した松元ヒロの笑いの哲学から、モノ言えぬ社会の素顔を浮かび上がらせる。監督は鹿児島テレビのディレクター、四元良隆と牧祐樹。

2021年製作/81分/日本
配給:東風

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
阿武野勝彦
制作
前田俊広
山口修平
金子貴治
野元俊英
崎山雄二
荒田静彦
撮影
鈴木哉雄
音響効果
久保田吉根
編集
牧祐樹
音楽
吉俣良
クレジットアニメーション
加藤久仁生
デザイン
黒崎佳奈
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2021 鹿児島テレビ放送

映画レビュー

4.0僕らはバトンを託された

2022年10月9日
iPhoneアプリから投稿

本日、江戸川区のメイシネマで拝見しました。
私は50代ですが、永六輔さんとか、立川談志さんらのような戦後民主主義の良心のような人たちから私たちは託されたものがあるのだと感じました。
現在、ウクライナの情勢などに触れると、憲法9条などはきれいごとのように感じられるのでしょうが、そもそも憲法9条は理想であり、現実を理想に近づけるのがあるべき姿だろうということは、今更その通りだと思えました。
途中、舞台で披露された日本国憲法前文には、あまりの美しさに涙が流れました。
スポンサーに気を遣い、言いたいことを言わないサラリーマン芸人ではない、芸人として本来あるべき姿が示されていたと思います。
いい歳になった大人が、それぞれの持ち場でサラリーマン的ではなく振舞うことが重要なのだと感じました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
respectkunie

4.0芸人・松元ヒロのいつも風刺の効いた笑いにホットする。

2022年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

芸人・松元ヒロを追ったドキュメンタリー映画。ところどころにステージでのお笑いが挿入されて、この風刺の効いたユーモア「これこれ。いいな」とうなづきながら見ていました。政治話題が中心ですが、特に定番の「憲法くん」と憲法の前文のシーン。ウクライナとロシアの戦争が進行している中、改めて心揺さぶられるものがありました。
台本作りや練習での葛藤、妻との会話、生い立ち、永六輔など彼の人生でのターニングポイントの事もいくつものエピソードが紹介されます。
自由に声を出して言う事ができない空気。テレビもそれを加担しているとも言えるのでは。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
M.Joe

5.0いい顔してる。

2022年3月23日
Androidアプリから投稿

ヒロさん、いい年の取り方してるね。
『男の顔は名刺』ってホントだ。若い頃よりずっといい男になってる。
鈴木邦男さんとおんなじタイプの優しいお顔。
生き方や心根が顔に出てくるのね。

奥さんも素敵!!(強くて怖いとこがまた素敵!!)
すごくいいカップル。

知ってるふりしてたけど、ホントはほとんど読んだことも聞いたこともなかった憲法前文。
ヒロさんが舞台で語ってくれた憲法前文を聞いて、その理想の崇高さと素晴らしさに胸がいっぱいになって涙が止まりませんでした。
なんてすごい憲法なんだ!
日本が世界中に誇れる一番のものは、この憲法前文に違いありません。

ロシアがウクライナに攻めいってる今だからこそ、この憲法前文を世界中の国々の為政者に読んで欲しいと思いました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ちこどん

千円払うよ、領収書は俺がもらうけどね。

2022年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

言いたいことを自由に言える芸人の話

松本ヒロさんのことは全く知りませんでしたが、映画を通してなんとなく人となりがわかった気がします。
作中で出てくるライブ映像の風刺ネタは痛快だったし、良い事言ってるなって思える事柄が多々ありました。

現在ライブだけで生きていく芸人が何人いるだろうか?
言いたい事を言える芸人が何人いるだろうか?
本当の芸人とは何なのか?

同調圧力、不透明な政治、強者と弱者などなど考えてこなかった事や目推そらしてきた事が松本ヒロの言葉で心に刺さりました。

全ての事に白黒つけないといけないほど潔癖ではないけれど、正直でいることは大切だと思いました。

ドキュメンタリー映画として面白かったけれど、少し残念だったのは会話の途中で音声がカットされてる点が多かった事ですね。
見ていて気になるほどカットや音声が無くなるシーンが多く、他意はないのだろうけれど、もろに編集してるな~って感じた。
使えないシーンだとかテンポが悪くなるからの編集なのだろうけれど、それこそ忖度や都合の悪い言動があったのかもとちょっとだけ思ってしまった。この作品が取り上げているテーマ上、疑念を感じてしまうような編集にならない様もっと丁寧にしたほうがよかったかも。
ドキュメンタリー作品は製作者の主観がはいるから仕方ないのだけれど、公平さや透明性、ありのままをもっと映してほしかったです。

永六輔さんの「九条を頼む」とか立川談志さんの「俺はお前を芸人と呼ぶ」ってエピソードはカッコよかった。
劇場のお客さんが今の松本さんを作った。
求められ、ソレに答える互いの関係がさらなる芸に磨きをかける。
人間、互いを尊重し切磋琢磨することの大事なんですね。
いい映画でした。
------------------------------------------------------------------------
劇中セリフより

「水さしますよ」

仲良く、楽しくやってる連中に空気を読まない人が入るのは難しいし勇気がいる。
馴れ合いも大事だけれど苦言を発する人がいないとウクライナに進行してる国みたいに日本もなちゃうかも知れない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
フリント
すべての映画レビューを見る(全17件)