恐怖の報酬のレビュー・感想・評価

メニュー

恐怖の報酬

劇場公開日 2018年11月24日
52件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

久しぶりに震える

臨場感といい今年見た映画の中でも断トツ!
狭い映画館で見ましたがスクリーンから飛び出してくるような迫力に心打たれました。
身震いするような恐怖を掻き立てる音楽が堪りません!クェンティン・タランティーノ監督が選ぶ映画ということで期待して見にいきましたが、一見の価値がありました。
リメイク作品とても良いですね♪

良い作品を見ると言葉になりません。

モダンタイムズ2018
モダンタイムズ2018さん / 2018年12月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい

汗、泥、雨、血にまみれた画が美しい。闇夜に光る2つのヘッドライトは恐怖体験へ誘うパイロットランプの様である。これは是非とも劇場で観るべき。

ちゆう
ちゆうさん / 2018年12月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間臭い作品でした

学生の頃に上映していたのを覚えています。観に行こうとしていたのが、都合で行けなくなったのが心残りでした。
それが今になって観られるとは!しかも完全版⁈
う〜ん、逆に学生の頃に、観なくて良かったのかも。
物語の初めは長ったるい感じですが、ニトロを運び出してからは、緊張の連続で興奮しました。
見所はもちろん吊り橋のシーンですが、大木をニトロで破壊するまでの準備シーンも好きですね。
今の時代、本作のような、骨太(人間の汗臭い)的な作品が無いのが残念です。

はるっち
はるっちさん / 2018年12月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはり、傑作。

25年以上前にレンタルビデオで観た作品。

当時ようやく「エクソシスト」を観られるようになった自分は(ビビリだったのよ)その傑作具合に打ちのめされ、あ、これ同じ監督なんだと借りて家で観た。
当然VHSでアナログTVだが、その映像の迫力だけは強烈に記憶に残った。
リメイク作品だというのは後から知ったが、自分としては珍しくオリジナルを観てみる気にはなれなかった。フリードキン版より良いとは思えなかったからだ。

で、ストーリーもほぼ忘れてた現在、よもやの劇場公開。
あの迫力を劇場で観られるならばと、ちいと遠い川崎チネチッタへ。

ストーリーはほぼ忘れていたし、フリードキン作品は説明セリフが無いのが当たり前なんで集中して鑑賞。
前半はトラックドライバーになる男達の人生のケツに火が付くまでを展開。なので少々眠くなるが唐突に銃撃や爆発が起こり眠らせてはくれない。

廃車寸前、と云うより廃車状態のトラックを甦らせる辺りからズンズン盛り上がり、待ってましたの地獄ドライブスタート。
もうそこからは恐怖、緊張、迫力の釣瓶打ち。そういえば「エクソシスト」もこんな展開だったなあ。

やはり、劇場で観て良かった。今観ても迫力満点。と云うより今だからこそ生の映像の迫力に圧倒される。監督自ら執念のデジタルリマスターを施した傑作。車で1時間かけて行く価値は有った。
劇場には千円で鑑賞されてる方が多かったが(笑)、今の作品に目が慣れてる方にこそ、オススメ。

エンドロールの始めにはH·Gクルーゾー監督に捧げるメッセージが。
うーん、機会が有ればオリジナル版も観て観るかな。

MAKO
MAKOさん / 2018年12月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖かった。ハラハラドキドキというより怖かった。大金のために命をかけ...

怖かった。ハラハラドキドキというより怖かった。大金のために命をかけるはめになるというのは「カイジ」あたりと同じだが、こっちの方が圧倒的に怖かったのはテレビで見たかスクリーンで見たかの違いだろうか。

前半は寝てしまったのでよくわからない。いきなり華やかなパリで話が始まって吃驚した。

後半はしょっちゅう目を半開きにしながら見る羽目に。こんな揺れたら絶対爆発するだろとは思いつつも、それだけに木っ端微塵になるんじゃないかとビビる。特にスコールの中ボロボロの吊橋を渡るシーンは、絵と音の激しさもあって、なんでこんなに怖いんだと不思議なくらい恐ろしかった。ホラーでもサスペンスでもない、戦争ものとも違う、映像に追い詰められる感じ。

最後に主人公がこれまでを反芻しながら必死にハンドルを握るシーン、そして爆薬を目的地に届けるシーンは限界に至った人間が何者かに取り憑かれたホラー。後年『エクソシスト』を撮るというのも納得。ブレーキの金切り音を聞くだけで鳥肌が立つ良い映画。

zhiyang
zhiyangさん / 2018年12月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おぼろげな記憶

こどもの頃ニトログリセリンごっこしてた記憶があって
そのルーツを今回確認しました。

この時代の男達はカッコイイ。何より遠慮なくタバコをふかして見得を切るなんてシビれる。

今の映画と比べるとどうしてもチープに見えて残念です。

労働4号
労働4号さん / 2018年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結構古い映画なのに迫力満点だった!

ストーリーは無理矢理だけど、影のあるメンバーを集めて死のロードを進む展開は凄かった!

あと一息なのに上手くいかないもどかしさが、より苦痛を誘っていました!

期待してなかった分良かったかな?

underground0003
underground0003さん / 2018年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実写の迫力に目を奪われました

それぞれに曰く因縁があって南米の奥地の村に身を隠していた4人の男が、爆発炎上した油井の消火のためのダイナマイトの搬送を高額の報酬に惹かれて請け負う話。1977年全米公開時のオリジナルのデジタルリマスター版。当時日本でも短縮版が公開されたとのことですが私にとっては全くの初鑑賞。廃車寸前のオンボロトラック2台で熱帯のジャングルを200マイルも行く訳ですが、断崖絶壁の隘路や崩れかかった吊り橋など難所ばかり。これを互いに見も知らぬ男たちが共同作業で切り抜けて行く様は本当に人間ドラマ。作品の冒頭のエピソード同士が繋がらず最初は???だったのですが、これらのメンバーが同じ場所に集まるまでの前段だと分かり納得。普段CGを駆使した作品に目が慣れてしまっている私ですが、実写ならではのリアリティと迫力を再認識しました。最後のシーンももう一波乱を予感させるもので本当に凝った作品だと思いました。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2018年12月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後半は手に汗握ったが…

前半、場所も人物もめまぐるしく変わる上、尺のわりには人物描写が浅く、誰がどういう奴なのか非常に分かりにくかったです。
なので、トラックで走り出してからの壮絶な映像を見ても、いまひとつキャラに感情移入出来ませんでした。映像自体は確かに緊張感に溢れてて素晴らしいのですが…

スターウォーズとカチ合ったが為に興行的に失敗、と説明されていますが、仮にカチ合ってなくてもそこまで興収が高くなったとは思えないですね…

克晴
克晴さん / 2018年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クルーゾー版には及ばないが、一見の価値あり

日本初公開のときは、評判悪くて観なかったが、当時はカット版だということを知らなかった。完全版の本編は、導入部が映像のみで勝負する、というハリウッドというよりニューシネマ的、あるいはヨーロッパ映画的アプローチで、やや語り口が怠いので、どうなるかと思ったが、実際にトラック運転しだしてからは、有名な吊り橋のシーンなど、なかなか見応えあった。
しかし、クルーゾー版が凄すぎるので、比較するとやっぱり弱い。
ロイ・シャイダーは当時、絶好調(ジョーズ、オール・ザット・ジャズ、、、)だったので、流石の演技で、全盛期の彼を見るだけでも、一見の価値あり。
とは言え、イブ・モンタンには敵わない。
クルーゾー版はそれこそ、手に汗握る必見映画。

Nao
Naoさん / 2018年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

興奮した‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ニューシネマもそうですが、この時代の作品は登場人物が冒険野郎とアウトローばかりで刺激的且つ魅力的なんですよね。老後、安定、癒しのキーワードが飛び交っている今、映画はやっぱり常人ではない人間の、尋常ではないストーリーを体感してナンボというのを実感しました。

今はCGが当たり前ですが、実写だと思うと撮影風景が目に浮かんできて余計に興奮しますね。私はベネズエラの川で木製ボートが転覆しかかった経験をしているのですが、橋のシーンでその事を思い出してしまいました。橋のシーンもラストも全般的に監督の突き放し方が半端なかったです。彼らが命がけでたどった道のりと人生は、あっけなく終わりを迎えてしまいます。今までの苦労は水の泡です。でも生きるということはそういう事なのではないでしょうか。この世は基本的に不条理だということです。

ミカ
ミカさん / 2018年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

逃れれれない運命 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

当時「すこぶる評判の悪かった」この映画が、オリジナル版だからといって、そんなに作品が良くなるのか・・・
そういう思いで、不安8割、期待2割ぐらいで鑑賞しました。
あ、 日本初公開のときにも観ています。
さて、映画。

映画の中心は、アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督のフランス映画『恐怖の報酬』と同じ。
なんらかの理由で、ニトログリセリンをトラックで運ぶ男たちの物語。
運べるのか運べないのか、ハラハラドキドキのストーリー。

なのだけれど、この映画ではそんなハラハラドキドキは全体2時間のうち30分ぐらいしかない。
もう少し長いかもしれないが、実はそんなところに脚本も演出も力を入れていない(とはいえ、ポスターのメインデザインのつり橋渡河のシーンはハラハラドキドキであるが)。
なので、原本『恐怖の報酬』とはまるっきり違っている

いや、話の骨子は同じなのだが、まるで印象も、製作の狙いも異なっている。

インターナショナル版を観たのは初公開時の40年前なので、まるで憶えていないのだが、冒頭にしつこいぐらいに描かれる「恐怖のトラック」に乗り込まざるを得なくなる面々の話が興味深い。

ひとりは暗殺者。
ひとりはユダヤ人活動家。
ひとりは銀行の重役と懇意にし、それをネタに詐欺まがいの出資を受けている実業家。
ひとりはアメリカのギャング・・・といった、いわばアウトローたち。

いやはや、そんなアウトローたちに同情もへったくれもないのだけれど、そんな彼らの日常行動を丹念に描き、結果、どれもに人死に出る・・・
この前半が映画としてはすこぶる秀逸で、全世界各国各地で撮った人々の、顔顔顔顔顔がカットカットの間に挿入されます。

そして、エピソードのは「死」がまとわりつく・・・

って、米国メジャー映画会社2社が共同で配給する内容では決してなく、現在のエンタテインメント作品重視のハリウッドではありえない。

という、前半1時間はすこぶる興味深いのだけれど、ニトログリセリン運搬になってからは、演出冴えない。
唯一、ポスターにもなっているつり橋渡河シーンがハラハラドキドキなれど、あとの緊迫感はいまひとつ。

なので、この後半中心に編集された(と思うのだけれど)インターナショナル版は、やはりつまらなかった、という評論は正しかったようにも思えました。

とはいえ、個人的には、今回のオリジナル版、「逃れれれない運命」を巧みに描いており、当時の混沌とした世界世情もあわせて絵ききり、「いま観るべき映画」としての価値は高かったです。

りゃんひさ
りゃんひささん / 2018年12月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

渋みが濃い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

脚本や演出、演技、映像は素晴らしい反面、SEにリアリティが無くて、リマスター版なのに、なんで?と思いつつ、ラストのダンスシーンが最高にカッコ良かった。

シゲルデハル
シゲルデハルさん / 2018年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この映画とあの映画

あの映画とはスターウォーズのことなんですが、この二つの映画の間が、こうしたスペクタクル映画のむかしと今の分岐点なんだと思う。
少し辛口なことを言うと、ノーカット版とか言ってますけど、この映画は説明がやや冗長。
やっぱり、スターウォーズはテンポ良いですよ。
ただ、アクションなしで、手に汗握らされるのは、この映画の真骨頂で、大したもんだなって思います。
吊り橋をトラックで渡るシーンは2度もあって、えーっ、またかー!って。
きっと、後方の方はダメなんだろうなと思わせて、実はサバイバルしてて。
その後、大木を爆破して、いよいよ大円団かと思わせといて、あっけなくドーン…って不条理も、やっぱりリメイクだけあって、レトロだなって、ちょっとニヤリとさせてもらいました。
最後のアメリカからのマフィアが登場するシーンもレトロ。
でも、息を飲んだし、ロイシャイダーも、若いんだか若くないんだか、分かんなかったなとか、いろいろ感慨深く見せてもらいました。

ワンコ
ワンコさん / 2018年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄みのある映像

物語としては、あまり食いつかない。
しかし前半のパリ、エルサレム、アメリカのそれぞれの撮り方、セリフで説明を尽くさない脚本、邪魔にならず感情を伝えるような音楽、後半の橋や大きな木を爆破するシーン、凄みを感じた。
群衆のシーンも大迫力で、やっぱりCGとは伝わる量と質が違う。

Momoko
Momokoさん / 2018年12月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

命懸けトラック運転選手権 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

よく撮ったよなぁ…(°_°)

これ、今ならほとんどCGになってしまいそう。

4つの地域から諸事情により南米の貧しい村にやって来た男達。
その「事情」も前半で描かれているのですが、基本的に細かい説明がありませんので、多少の想像力を要します。特に暗殺者の正体は後で調べないと分かりませんでした。

逃亡前もそれなりの修羅場だけれど、逃亡先でもまともな生活が送れない。そこで脱出のために一攫千金の危険な仕事を引き受けたものの、その仕事がこれまた地獄を巡るような内容。恐怖の報酬とはよく名付けたものです。

やっぱり革命家は覚悟が違う。
暗殺者、一番役に立たないぞと思ったら手腕発揮。
紳士な投資家?は何故か運転が上手い。

そして、一瞬の隙が命取りに。

“Sorcerer”って誰のことなんだろうと考えてましたが、分かれ道にいたおじいちゃんかな…?それとも…。

何処へ行こうと因果からは逃れられない。
岩壁に掘られた像が睨んでいるようでした。

マフィアのボスの弟が神父って…。
花嫁さんはどうした?!

最後は…
ぐあぁぁぁ〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`) ってなりました…。

突っ込むとすれば、ニトログリセリン、案外揺らして大丈夫ね(^^)、という感じでしたが、映画マニアの方も楽しめる濃い〜作品ではないかと思いました。

あと、独特の音楽が良かったです。

everglaze
everglazeさん / 2018年12月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前の印象より良かった

公開の時もみた 触れ込みの割にいまいちだった印象があったけど今回は面白かった 前半あくび3回出た つかみがだらだらしてるのは昔の映画だからしょうがないか 今は何事もスピード大事 観客も面白くなるまで待ってくれません

hachi
hachiさん / 2018年12月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1977年代の映画

いまいちな感じ。

Osamu Sato
Osamu Satoさん / 2018年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

たしかに

確かに走り出してからは緊張感と迫力がスゴい。
だが、それ以前は各々の境遇をあまりにも丁寧に描いているため、却って退屈に。やはり70年代からはドラマの話法が変わってしまったのだと考えざるを得ない。
作劇もやはりアップデートされているのだ…

ぱんちょ
ぱんちょさん / 2018年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった‼️

1977年の作品だってのに、昔の映画にありがちな“昔観た時には凄いと思ったけど、今見返してみると大したことないな〜感”が全く無かった。それどころか後半はずっと手に汗握りっぱなし(≧∀≦)すごい!!
昔公開された時がどの部分を30分カットされたのかわからないけど、今回観たオリジナル完全版は間違いなくこれで1作品として完結してるからどこを削られても“あれあれ??”となってしまうこと必須😅当時なんでそんなことしちゃったのかしら?

全編通してだいぶ言葉少なめな作品。特に前半は動きも助けない中セリフも少なくてなんとなく睡魔が訪れたりする^^;けど、そこを乗り越えるとジェットコースター級のドキドキが待っている💓

ドキドキ部分だけでなくストーリー自体も“因果応報”とか“人生そんなに甘くない”仕立てになっていて良か良か。

らま+たん
らま+たんさん / 2018年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

52件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi