スティルウォーター

劇場公開日:

スティルウォーター

解説

マット・デイモンが主演、アカデミー賞受賞作「スポットライト 世紀のスクープ」のトム・マッカーシー監督がメガホンをとったサスペンススリラー。逮捕された娘の無実を証明するため、異国の地で真犯人を捜す父親の姿を描いた。留学先の仏マルセイユで殺人罪で捕まった娘アリソンの無実を証明すべく、米オクラホマ州スティルウォーターから言葉も通じない異国の地へ単身渡ったビル。現地の協力者を得るも、ほとんどの地元民はよそ者のビルに口をきこうともしない。何者かの襲撃を受けるなど自らの身にも危険が迫る中、ビルはわずかな手がかりを頼りに前進していくが……。娘のアリソン役は「リトル・ミス・サンシャイン」「ゾンビランド」のアビゲイル・ブレスリンが務めた。

2021年製作/139分/G/アメリカ
原題:Stillwater
配給:パルコ
劇場公開日:2022年1月14日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2021 Focus Features, LLC.

映画レビュー

4.0変わるマルセイユ、変わらないオクラホマ、変わる主人公

2022年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

フランスをはじめ、欧州で排外主義的な動きが高まっている。極右勢力が政権与党に入ることも珍しくなくなってきている。本作のタイトルは、オクラホマ州の町の名前で、主人公の出身地。しかし、映画の主な舞台はフランスのマルセイユだ。2つの街の、対照的な部分と共通している部分が映画の中で示される。
進化に取り残されたかのようなスティルウォーターは、いつまでも変わらない。白人ばかりが住んでいて、新しい経済も発展していない。主人公は石油会社に務めていた肉体労働者だが、職を失いかけている。変化できずに沈んでいく街であるスティルウォーターと対照的にマルセイユは劇的に変化している。フランス一の移民の街であるマルセイユは、多くのイスラム教徒が暮らしいている。主人公の娘は、イスラム系の彼女を殺害した嫌疑で収監されている。多様性を尊重する舞台女優のヴィルジニーは排外主義的な白人の老人に激昂する。急激な変化で移民に対する嫌感情も台頭しているマルセイユは、変化が激しすぎて多くの問題を抱えていると言える。
2つの街は対照的だが、どちらも20世紀のままではいられない。アメリカもフランスもこれからの指針を持てずに戸惑っている。この映画はそんな戸惑いを、一つの事件を通して見事にあぶりだしている。

コメントする (0件)
共感した! 11件)
杉本穂高

4.0マット・デイモン作品にハズレなし。冒頭から脚本のうまさ、俳優陣の味わい深さに引き込まれる

2022年1月14日
PCから投稿

「扉をたたく人」や「スポットライト」で知られるトム・マッカーシー監督作なだけあって、極力少ない言葉数を用いて、主人公の陥った複雑な状況をわかりやすく伝える手腕には全く恐れ入るばかりだ。投獄された娘。事件の真相をめぐる父親の奮闘。はたまた、マルセイユで出会う母娘との心温まる交流ーーー。マッカーシーが従来の脚本執筆のやり方とは根本的に異なるやり方、すなわち異国の書き手とのコラボレーションによって構築した本作は、自ずと”異邦人”というモチーフを掘り下げ、それによって暗に「アメリカとは何か」を浮かび上がらせているように思える。冒頭シーンで不意に映し出される荒れ果てたアメリカの一帯も、主人公たちの心の情景を的確に表現したものなのだろう。決して明瞭な結末ではないが、その陰影が観る者に多くを問いかける。マット・デイモンら俳優どうしの空気感の醸成も素晴らしく、娘役アビゲイル・ブレスリンの存在感もさすがだ。

コメントする (0件)
共感した! 24件)
牛津厚信

3.5下越

2024年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ある国の人は力尽くで踏み込んで腕力で解決しようとする
またある国は理詰めで自分の考えを押し通そうとする

私の国はかつてはそうではなかったはず

新天地と聞くとワクワクする
知らない場所やそこでの出会いにとても関心がある
見たことのない風景は心を豊かにしてくれる
まったくそれを受け入れられない人も居ます
安心して知っている人達に見守られいつもの道を行く
安定した生活なとても充実したものでしょう
どちらもとても良い生き方です

家から離れることは幼い時から決めていたこと
できるだけ遠くへと
親からも兄弟からも干渉されないために
自分の意思が弱いから相手に何も言えなかった
だから家を出たのに正確が変わらなきゃどこへ行っても一緒だった
結局は強く言う人間には逆らわない
我慢することが当たり前の生き方は嫌なのに変わらない
だからいつもどこかもっと遠くへと行きたくなる
何でも良いから新しい事をしたくなる

巡り巡って故郷に戻ったらどんな景色が待っているんだろうか
遠く離れれば離れるほど古郷を強く思うようになる
もう誰も私には言わなくなった
まるで違う街のように古郷が私の目に映る

コメントする (0件)
共感した! 0件)
カルヴェロ1952ll

4.0なんだか重いものが残りました

2023年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

マット・デイモン作品にはずれなしって感じで今作も良かったです
父としても男性としても不器用な主人公、基本良い人だからハッピーエンドになってほしかったのに
釈放されるのを期待して観ていましたが、真相に心がズシンでした
幸せになれてたかもしれないビルなのに、「人生は残酷」、まさにそれでした
観終わって心が重くなりましたが、それでも良い作品だったと思います

コメントする (0件)
共感した! 3件)
小町
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る