ソウルメイト 七月(チーユエ)と安生(アンシェン)

劇場公開日:

  • 予告編を見る
ソウルメイト 七月(チーユエ)と安生(アンシェン)

解説

「少年の君」が第93回アカデミー国際長編映画賞にノミネートされたデレク・ツァン監督が、同作の前に手がけた単独監督デビュー作。「少年の君」にも主演したチョウ・ドンユイが今作でも主演を務め、中国の作家アニー・ベイビーによるネット小説を脚色して描いた青春映画。上海で穏やかな生活を送っていた安生(アンシェン)のもとに、人気のネット小説「七月(チーユエ)と安生(アンシェン)」を映像化したいという映画会社から連絡が届く。小説の作者は七月(チーユエ)という名の女性で、「七月と安生」は彼女の自伝的要素が強い作品だった。しかし、チーユエの所在が不明のため、映画会社はもうひとりの主人公・安生のモデルと思われるアンシェンを捜し出し、コンタクトをとってきたのだ。そんな彼らに対し、アンシェンは「チーユエなんて人は知らない」と嘘をつく。だが本当は、アンシェンにとってチーユエは特別な存在であり、かつて2人はかけがえのない親友同士だった。やがて、小説に描かれた2人の物語に秘められた、驚きの真実が明らかになっていく。「ラヴソング」「最愛の子」などで知られるピーター・チャンがプロデューサーを務めている。

2016年製作/110分/G/中国・香港合作
原題:七月與安生 Soulmate
配給:クロックワークス
劇場公開日:2021年6月25日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2016 JOYCORE Pictures(Shanghai) CO.,LTD., J.Q. Pictures Limited,Alibaba Pictures Group Limited,We Pictures Ltd. ALL Rights reserved.

映画レビュー

4.0いいものです

2024年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

嫌いじゃないけど難しかった
二人はソウルメイト
二人は親友
二人は友達

心の奥底の本音よりももっと底
生まれる前からと言っていい
ソウルメイトってそうなのかと思ってた

ソウルメイトかと知れない、と言われたことがあります
それまでその言葉を知りませんでした
ただ、特別な思いはあったのです
懐かしいような当たり前のような会話は自然に進み黙っていても気にならない
何処にでも行けるし何処までも行ける
会わなくても連絡がなくても安心できる
そんな感覚
その人1人しか経験がないです
家族でも幼馴染みでもない
でも赤の他人とはどうしても思えない
そんな気持ち
来世があるなら多分会うんだろうな
そう思えるのです

だからこの映画をどうしても観てみたかった
暖かい春の日差しのような日々を思い出すために観たかったのです

コメントする (0件)
共感した! 0件)
カルヴェロ1952ll

4.0リメイクを観てオリジナル版があると知って鑑賞。 比較して見る面白み...

2024年2月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

リメイクを観てオリジナル版があると知って鑑賞。
比較して見る面白みがあった。こちらの方が言葉で明確に示されていて分かりやすい。「太陽と月」ではなく「影を踏む」とあることで正反対であること以上に離れられない関係ということがより強く感じられたし、「隠れ家」ではなく「家」に招くことで安生が過去の家庭環境への憎悪を払拭しようとしていることが伝わった。

大切だから嫉妬するし、想いすぎて話せない。
感情は複雑なものだなと。

題材、冒頭の文字、図書館のカメラワーク、雪の中空を仰ぐショット、岩井監督みあると思ったらクレジットに岩井監督の名前あって納得。リメイクの試写のトークショーでもアジア圏への岩井さんの影響は強いとのお話があったがまさに。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
hannnamovie

4.0影踏み

2024年2月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

幸せ

仲良い二人は
…太陽と月…光と影…S極とN極
相反するものこれらが引かれあう
そんな感じがした
お互いが持ち得ないものに
…惹かれあう
離れられない強さ

恋人をめぐり
陽の彼女は結婚相手にピッタリだけど
陰の友は闇のような危うさがあって
出会った時から惹き込まれて
三角関係の様。
ふたりの関係も壊れ掛けたが…

姉妹のような家族のようなふたり
お互いが影のような存在で
…心の拠りどころ
彼女は
…自由を求めて
彼と別れて選択した人生
短い彼女の人生だったけど
楽しめたと思いたい
ふたりで一つの人生の様にも感じた

コメントする (0件)
共感した! 1件)
しろくろぱんだ

4.5ふたりはひとり/ふたりでひとり

2024年1月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

《ソウルメイト 七月と安生》
リメイク公開前に再見。女性はこうあるべきという社会に対して対照的な2人は近づき離れて行く。誰もがこの二人を持っているのだろうと思う。現実と小説との間に浮かび上がる"事実"は苦しく愛おしい。全て語らないし語るべきではないことを皆心に秘め生きていく。大傑作!チョウ・ドンユィさんは文句なし圧巻だったが、七月役のマー・スーチュンさんってシャドウプレイのヌオちゃんだったと気づいてびっくり!

コメントする (0件)
共感した! 2件)
つっちぃ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ソウルメイト 七月(チーユエ)と安生(アンシェン)」以外にこんな作品をCheck-inしています。