劇場公開日 2021年9月23日

  • 予告編を見る

クーリエ 最高機密の運び屋のレビュー・感想・評価

3.8140
19%
69%
9%
2%
1%
採点

全140件中、1~20件目を表示

4.0いわゆる"巻き込まれ型映画"プラスαの味わい

2021年9月30日
PCから投稿

楽しい

怖い

東西冷戦時代、ソ連の機密情報を西側にリークする見返りに亡命を希望する情報提供者に接触を試みたのは、商売で頻繁に東欧諸国に出入りするイギリス人セールスマンだった!?このトンデモなミッションを発案したMI6とCIAは、プロのスパイを一般人に仕立てるよりも、一般人にスパイをやらせた方が、より自然に見えると踏んだのだ。これ、スパイ映画としてかなり捻ったストーリーのように感じるが、ナント実話の映画化なのだそう。この分野にはまだまだ掘り起こされてない鉱脈が眠っていそうである。

その結果、まかり間違えば即、捕らえられて拷問&出国禁止になるかも知れない危険なミッションを、観客は傍観者よりもやや近距離で、主人公と一緒に体験することになる。そのスリルとサスペンス、そして少しのユーモアは、何も知らされていない人物が訪れる危機をスレスレで回避していく、いわゆる"巻き込まれ型映画"独特の味わい。最大の見せ場は、対極的な立場にあるセールスマンと情報提供者の間に芽生える友情と、その行方。演じるベネディクト・カンバーバッチと旧ソ連・グルジア(現ジョージア)出身のオレグ・ペンコフスキーが醸し出すケミストリーが、過去に起きた事実を身近なところまでグッと引き寄せてくれる。

歴史の裏には必ず人間のドラマがある。それを再認識させる上出来の実録スパイ映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
清藤秀人

4.0ル・カレ的な人間味あふれるスパイ物語

2021年9月27日
PCから投稿

007のような武闘派とは違い、実際のリアルなスパイは無闇に戦わないし、輝かないし、むしろ人の印象に残らないような外見の持ち主でなければならないことは、例えばル・カレを代表とするスパイ小説からも明らかだ。本作は実話ベースなだけあって、伝統的なリアルスパイの佇まいや雰囲気、さらにはキューバ危機を背景とする国際情勢までもが緊迫した手触りを作り出す。だが、肝となるのはカンバーバッチ演じる主人公の人となりだろう。軍や諜報部上がりの生粋スパイではなく、元々は単なるビジネスマン。それゆえプロフェッショナルに徹しきれない”ブレ”が彼を窮地に陥れ、なおかつ、そこで際立つなけなしの人間性こそが本作の味わいに深みを与える。決して派手ではないものの、二国間の往復や、時に家庭内の風景なども織り交ぜながら上質な人間模様を紡ぐ手腕は高く評価したい。カンバーバッチの演技の底知れなさにも思わず感嘆のため息がこぼれる作品だ。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
牛津厚信

4.0知られざる「第3次世界大戦」の回避の舞台裏。こういう実話を知らせるのに映画は有効だと改めて実感。

2021年9月24日
PCから投稿

1960年代の初頭は、アメリカとソ連が核武装競争を繰り広げ、いつ「第3次世界大戦」が起こってもおかしくない雰囲気でした。特にソ連が、アメリカを射程においたキューバに核ミサイル基地を作った際、その緊張がピークとなります。
1962年10月16日にアメリカの偵察機がキューバ上空から核ミサイル基地の撮影を行い、「人類史上最も危険な13日」とも呼ばれる「キューバ危機」が起こります。
アメリカはソ連と交渉するも不調に終わり、10月22日にケネディ大統領がテレビ演説をする有名な映像があり、その後も一触即発の事態が起こります。
そして、10月28日にソ連側がミサイル撤去を決め、第1書記がモスクワ放送で発表、という流れになるわけですが、そもそも、なぜアメリカはキューバの核ミサイル基地の存在を知ることができたのでしょうか?
この世界の命運を決めた現実の背景には、1人のイギリスのセールスマンの存在が大きくあったのでした。

アメリカにGRU(ソ連軍参謀本部情報総局)の大佐から「核戦争の危機を回避する手助けをしたい」という申し出があり、その機密情報のやり取りをするためにCIAがイギリスのMI6に出向きます。
そして「イギリスのセールスマンが、何も知らない状態でソ連にセールスをしに行き、ソ連の高官とやり取りをすれば、ソ連のKGBの注意もそらせるはず」というアイデアを提案します。
果たしてアメリカとソ連の両陣営にスパイが多くいる中で、本当にこのようなミッションが上手くいくのでしょうか?
そこには、意外な過程と現実があったのでした。
そもそも「クーリエ」とは「外交伝書使」の事ですが、この最高機密を運び出す過程で何が起こったのかは、本編を見るのが一番早いと思います。
もちろん、CIA諜報員は複数の人物を一人の女性にして分かりやすくするなどの工夫(脚色)もあります。そして、決して派手な作品ではありませんが、製作総指揮も務めたベネディクト・カンバーバッチのもと丹念に史実を伝えている良質な作品だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 21 件)
細野真宏

4.0カンバーバッチの豊かな表現力と肉体改造に驚嘆

2021年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

1960年代に米ソ対立が激化していた裏で、英国の一介のセールスマンが“機密情報の運び屋”としてリクルートされた実話に基づく。一部で「007」シリーズへの目配せもあるが、基調はジョン・ル・カレ原作のスパイ映画のように現実の諜報活動に寄せたリアルかつソリッドな演出でストーリーを展開する(ちなみにベネディクト・カンバーバッチはル・カレ原作の「裏切りのサーカス」にも出演していた)。

ソ連の最高権力者フルシチョフが米国への核攻撃も辞さない姿勢を強めていることを危惧した軍高官ペンコフスキーが、西側に接触してきた。ソ連側に疑われない運び屋としてMI6とCIAが目をつけたのは、当時共産圏の東欧諸国に工業製品を売るため出張していた英国人セールスマンのウィン。もちろんスパイの経験などないウィンは最初断るが、結局は引き受けることになり、ソ連を訪れてペンコフスキーから情報を預かったり、彼をロンドンに招いたりして英米の諜報活動に貢献していく。

カンバーバッチは、ソ連側の監視の目を意識する緊迫した状況から、ペンコフスキーに次第に心を寄せていく人間味あふれる場面、さりげなくユーモアをにじませる言動まで、実に幅の広い演技でウィンを体現している。終盤ではポストプロのCGで顔を加工したかと見紛うほどの激ヤセぶりで驚かせるが、役作りで実際に9.5kgも減量したのだとか。役者としての覚悟をうかがわせる逸話だ。

信念を貫くペンコフスキーを演じたメラーブ・ニニッゼの渋く重厚な存在感も味わい深い。ウィンの妻を演じたジェシー・バックリー(歌手役で主演した「ワイルド・ローズ」が記憶に新しい)、CIA職員役のレイチェル・ブロズナハンの女優2人も、出番こそ少なめだがそれぞれに魅力を発揮し、ストイックなストーリーに柔らかな情感を加味している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

3.5Smart Thriller Set in the Backstage of History

2021年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

単純

Cumberbatch is a small fry international businessman who finds himself caught up in the unfolding of the Cuban Missile Crisis in this well-played period piece. It's a spy film led by a non-spy, but the rhythm of the story is far from your typical fish-out-of-water screenplay. Along with the Imitation Game, Cumberbatch shows a knack for tuning the underdogs of history to international recognition.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Dan Knighton

4.5一言「いやー、知らんかった!」

2022年9月26日
PCから投稿

1960年代・ソ連・フルシチョフ・KGB・MI6・JFK・キューバ・核開発。
ストーリーに沿って、これだけ並んだらわかりました。
キューバ危機。
どうして核戦争の危機を回避できたのか。
その前後の話が描かれています。

ただの英国・サラリーマンを、情報スパイに勧誘する。
その口説き文句が、ええーって。
「核の4分前警報」。
たった4分で、大切な家族が避難できると思うのか?
事前に知っていたら、守れるのでは?
いやいやいや〜、そんな言葉言われたらねえ。
ソ連・アメリカ(イギリス)、双方ともに「家族を思う気持ち」が溢れてたなあ。
スパイ同志の友情は、国境関係ないってところも。

終盤は結構暴力的シーンもあったけど。
ドンパチがない、スパイもの。シリアス感漂う、スリリングな話でした。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「我々のような人間から、世界は変わるのかも」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆき@おうちの中の人

3.5第3次世界大戦を止めた男たち

2022年9月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知られざる第3次世界大戦を止めたただのセールスマン。
その功績は今この世界があることに繋がっている。
いまのこの時代だから、なおこの功績の大きさを理解出来らるし、
いままたこのような人物たちの東條が望まれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
上みちる

0.5ドキュメント

お~いさん
2022年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ドキュメント物って結末がある程度決まってるから。最後収まったなって感じただけ。こういうのは、ドキュメントと聞いた瞬間、処刑されるか釈放されるかの結幕が二択なので。内容に対する期待感が少なくなるなと。
ドキドキもなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
お~い

4.0入獄後のウィン役であるカンバーバッチの入魂の熱演が冴え渡っていました。

2022年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 かつて世界が東西二つの陣営に分断され、しのぎを削った冷戦華やかなりしころのお話し。それはスパイの黄金時代に、史上最も成功したスパイ作戦と言われた西側の一大作戦に関わった諜報員の実話に基づいた作品が本作なのです。
 こう書くと、そのスパイは007も凌ぐ、凄腕のスパイと思われるのかもしれません。しかし、キューバ危機で世界救ったのは、実にスパイとは縁のない平凡な男だったというから驚きです。そのどこにでもいる男が、第3次世界大戦の到来を食い止めたのかもしれないのです。

 舞台はそのキューバ危機の直前の1960年。産業用機械の輸出業者グレヴィル・ウィン(ベネディクト・カンバーバッチ)は、東欧へセールスマンとして頻?に東欧を訪れていることから、英国の諜報部(MI6)に目をつけられます。英米の諜報部は、ソ連政府内の内通者である、GRU(ソ連軍参謀本部情報総局)ペンコフスキー大佐(メラーブ・ニニッゼ)との連絡人を探していたのでした。
 本作冒頭でペンコフスキーは、モスクワでアメリカ人の学生に小包を手渡し、これをアメリカ大使館へ届けてくれと依頼するところが描かれます。CIAがこの小包を入手しペンコフスキーのことを知ったのですが、ペンコフスキーの信頼性を疑い、またソ連当局の監視を恐れてすぐには連絡しようとしなかったのです。
 そこでウィンならば怪しまれることなくペンコフスキーと連絡がとれるだろうと考え、彼にオファーしたのでした。
 国際謀略の世界など何ひとつ知らないままに、情報の運び屋としての役割を引き受けることにしたウィン。それから彼は2年間、家族の反対に直面しつつも、ペンコフスキーからきわめて重要なソ連政府内の情報を英国に運搬し続けたのでした。
 折しもソビエトは秘密裏に同盟国キューバに核ミサイル発射基地を建設しようとしていたのです。
 ウィンが命がけでもたらした情報はキューバ危機を「危機」のまま終わらせることに寄与しました。

 繰り返しますが、これは実話です。ウィンは酒を愛し、ユーモアを好む享楽主義者であり、もとより政治に興味などありませんでした。そんな彼が、単なる情報提供者と運び屋という関係だったペンコフスキーといつしか友情を結んでいきます。見ていてふたりの関係は熱いものを感じました。
 後半ではそれが一転し、2人に思いもよらぬ運命がふりかかります。2年間にも及ぶウィンの過酷な収容所暮らしを支えたのは、世界平和に貢献したという強い信念と達成感があったからでしょう。それを覗いさせるのは、ペンコフスキーと一瞬再会するシーンです。ウィンは、祖国を裏切ってまで情報を流し続けたペンコフスキーがもたらした成果を、声を大にして讃えたのです。感動的なシーンでした。素人スパイながらも、ウィンは諜報活動にのめり込んでいく中で、使命感に浸っていたことを覗いさせて充分なやり取りでした。

 それにしても入獄後のウィン役であるカンバーバッチの入魂の熱演が冴え渡っていました。体形も顔貌も変え、映画一本を支える重みのある演技に飄々としたイメージのあるカンバーバッチの本気が覗えます。世界的な危機に遭って、自分にできることを精一杯やりきった一市民の真骨頂を見事に演じきってくれました。

 事実に基づいたスリリングなストーリーと主演のベネディクト・カンバーバッチによる神経質な演技によって、心躍らせる感動的な昔ながらのスパイアドベンチャーを盛り上げた作品としてお勧めします。(公開日:2021年9月23日 112分)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
流山の小地蔵

4.0事実に基づいたお話。冷戦下、旧ソ連から機密情報を運ぶことを託された...

2022年8月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

事実に基づいたお話。冷戦下、旧ソ連から機密情報を運ぶことを託されたのはごく平凡な英国のセールスマン。
淡々と進んでいくが、緊張感があった。
キューバ危機から世界を救って彼ら。世界と家族の平和を願い行動したスパイ同士の友情は胸を打つものがありました。
カンバーバッチの役作りは見事です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.5一般人なのに危険を顧みず…

KEIさん
2022年8月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 23 件)
KEI

3.5ストーリーからも現実的で面白い

Miya-nさん
2022年8月21日
iPhoneアプリから投稿

ロシアや中国といった共産主義や秘密主義の国家との付き合いはリスクがあるね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Miya-n

3.52020年にこの映画が作られたのが興味深い

2022年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

実話をもとにしているストーリーはとても手堅くまとめられている作品だと思うが、今日のウクライナ情勢と核の脅威においてもこのような「情報戦」や「駆け引き」が行われているのかと思うと空恐ろしいとともに、なんだか滑稽な感じがする。米露の関係は60年経ってもあまり進歩していないのだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
にこにこどり

3.5キューバ危機

2022年8月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

キューバ危機で、ケネディがキューバに核ミサイルが持ち込まれることを、知った経緯が明らかになる。
モスクワの情報提供者を失ったCIAは、ソ連の高官(メラーブ・ニニッゼ)が自ら持ち込んだ情報を運ぶため、イギリスのMI6と協力し、ロンドンに住む一般のビジネスマン(ベネディクト・カンバーバッチ)を運び屋としてスカウトする。
実話なので、当時を知っている身として、とてもスリリングだった。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
いやよセブン

4.0実話に基づいた話は面白い

ニョロさん
2022年8月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ニョロ

3.5運び屋はセールスマン

琥珀糖さん
2022年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1960年代の米ソ冷戦時代の【キューバ危機】の裏話の実話です。
(ケネディ&フルシチョフの名前の響きも懐かしいです。)
2020年(イギリス/アメリカ合作)監督:ドミニク・クック

なぜイギリス人セールスマンが世界危機を救ったのか?
それはアメリカCIAがマークされ過ぎていて身動きが取れなかったから・・です。
イギリスのMI6とCIAが眼をつけたのが、東欧に仕事で行き来していた一介のセールスマン、
グレヴィル・ウィン(ベネディクト・カンバーバッチ)だった。
ソ連側の情報源はソ連情報局高官のベンコフスキー(メラーブ・ニニッゼ)

格調高くボリショイ・バレエやオーケストラなどの公演を挟みつつ、
息詰まるスパイ戦を、スリリングに描きます。

スパイから手を引くのを目前にグレヴィル・ウィンが、決断したこと!!
ここから緊張とスリルが急速に高まります。
ウィンに危険が迫る。

後半のカンバーバッチの9・5キロ減量した幽霊みたいな熱演も鬼気迫ります。
スパイがソ連とイギリスをわざわざ人間が航空機に乗り込み、
移動・往復して紙の情報を届ける!!
今では考えられないからこそ、とても新鮮でした。

グレヴィル・ウィンとソ連スパイの友情にも、熱いものを感じました。
スパイ映画の傑作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
琥珀糖

2.5基本的に好みでない。

2022年7月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

実話ものは大きく分けると成功譚と光と影のサバイバル譚に分かれる。いずれも実話物は最後に概ねハッピーエンドが用意されてるものが多いが、それに対する陰影をつける意味で、途中かなり視聴者に緊張を強いる局面を用意してあるケースが多い。この作品はまさにその陰影が極端である。全編を通じたストレスフルなストーリー展開は、見た後にぐったりする上、カタルシスも途中の落とし込みで相殺して最後には何も残らない。見てて辛いだけであった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mark108hello

4.5たった2人の人間が世界を変えてしまうことも

見聞さん
2022年6月26日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
見聞

2.02022年 112本目

2022年5月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

カンバーバッチだから観れたけど、個人的にはウトウトしてしまう映画でした。実話だしすごいことなんだろうけど。。スリルもないし、盛り上がりもなく残念でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しゅん13

4.0思いのほかエンターテイニングで面白かった

mikyoさん
2022年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

主人公のクーリエがスパイに似合わず軽い男だったからだと思う。厳しい描写もあるが。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
mikyo
「クーリエ 最高機密の運び屋」の作品トップへ