やすらぎの森

劇場公開日

  • 予告編を見る
やすらぎの森
11%
43%
38%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カナダ・ケベック州の深い森で静かに暮らす年老いた世捨て人たちの姿を描いた人間ドラマ。カナダ・ケベック州、人里離れた深い森にある湖のほとり。その場所にたたずむ小屋で、それぞれの理由で社会に背を向けて世捨て人となった年老いた3人の男性が愛犬たちと一緒に静かな暮らしを営んでいた。そんな彼らの前に、思いがけない来訪者が現れる。ジェルトルードという80歳の女性は、少女時代の不当な措置により精神科療養所に入れられ、60年以上も外界と隔絶した生活を強いられていた。世捨て人たちに受け入れられたジェルトルードはマリー・デネージュという新たな名前で第二の人生を踏み出した。日に日に活力を取り戻した彼女と彼らの穏やかな生活。しかし、そんな森の日常を揺るがす緊急事態が巻き起こり、彼らは重大な決断を迫られるようになる。監督は本作が3本目の長編劇映画となるケベック出身のルイーズ・アルシャンポー。

2019年製作/126分/G/カナダ
原題:Il pleuvait des oiseaux
配給:エスパース・サロウ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019 les films insiders inc. une filiale des films OUTSIDERS inc.

映画レビュー

3.5ケベックならではの、森と共にある死生観、人生観があふれる。

2021年5月31日
PCから投稿

本作は、深い森に囲まれた湖の映像とともに始まる。そこに身を浸し、気持ちよさそうに泳ぐ年老いた男たち。彼らの誰もが現代社会に別れを告げつつ今を穏やかに生きていることを思うと、ここは実在する天国なのかもしれない。だが、現実のものである以上、平穏も長くは続かない。そのカウントダウンが、さながらこの世の終わりのように思えるのは何故だろうか。本作の最大の特質は、自然がもたらす静謐な日々と共に、数十年前に起こった悲劇的な森林火災の記憶が随所に挟み込まれるところ。焼けた鳥たちが空から無数に落ちてくる逸話も不気味だし、ずっと施設暮らしを余儀なくされた老婆の半生も影を落とす。そんな中で、ある者は死の香りに身を浸し、またある者は生への意欲を湧き上がらせーーーー。物語の展開はどこか漠然としているものの、ケベックが舞台なだけあり、既存の宗教や死生観をこえて目の前の大自然こそを畏怖し信仰するかのような境地が新鮮だ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

3.0人間の欲はなくならない、エゴも。

2021年7月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

シネスイッチ銀座さんでロングランしているので気になって鑑賞です。
前情報ゼロで観ました。まさか、こんな話だったとは。森の中で、老人達が余生を過ごすハートウォーミングストーリーかと思ってたら。大違いでした。死生観を描く作品、最近多いですねー。価値観が変わりつつあるのかな?

価値観、考え方、選択肢の多様化がどんどん進んでいきますね。それは文明が進み、いろんなことが実現できるようになるからかもしれません。人間は生きている限り、さまざまな欲望を満たそうとしますよね。(欲から脱却されている方もいらっしゃるでしょうが)そして、最後のの欲望とは人生の終わらせ方なのかな?

生きがいを見出す=継続した欲望の連鎖・・・だと思います。欲望、希望があるから生きる。それがなくなったら最後の欲望として人生の幕をおろしたくなるのかな?辛さからの脱却っていう理由もあるのかもしれません。

本作は、何種類かの余生を描きます。まさに生き甲斐をどこにおくか?生き切るとはなんだ?を突きつけるような作品です。貴方はどれ?どれになりそう?って。
世を捨てようにも近寄る現実からは逃げられないのでしょう。いつか判断しないと。ある事象でうまく例えてる気がしました。人間は十人十色。それぞれにドラマが物語があるとおもいます。ですから正解はないのでしょう。

ただ、ケベックのおおらかで豊かな光景を見てると小さな人間のあーしたいこーしたいなんて、荒らされた畑なんて自然の中では大した話じゃないのかも?
なんか、精一杯生きるかな!なんて思ったり。
あー、なんか考えちゃうなー、観たら。

あ、どんな事情があっても道連れはダメ!反対!人形にしなさい。その描写は最大のエゴの象徴。大減点。あの感覚だけは全く理解できない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

3.5二元論を超えて

Allanさん
2021年7月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

難しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Allan

5.0ここでもアメイジング・グレイス

kossyさん
2021年7月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 1週間前、亡父の忘れ形見でもある愛犬(16歳)が天寿を全うした。ペットロスにならないかと思っていたけど、どうしても喪失感だけはやや残る。ご主人様と一緒に旅立つのが犬にとっても幸せなのか?などと思い巡らせ、あのシーンでは恥ずかしながら号泣してしまった。一見残酷なように思えるけど、両者とも幸せだったに違いない・・・と思う。

 カナダでも山火事が多いのか、山と緑に囲まれたのどかな湖では考えられないような内容だった。ボイチョクが遺した絵画の数々はその悲惨な光景を抽象的に描いていた。日本人の感覚からすれば、空襲にあった都市のようにも思えるし、災害から生き延びた人の心の苦しみをも訴えてきてるかのよう。

 個性的なじじいたち。閉ざした心は互いに開こうとしない。プライベートなルールを守って、犬たちと余生を楽しんでいる。犬の名前を呼べば湖に飛び込んできて、一緒に泳ぐ。釣りをして、ギターで弾き語りして、ハッパを育ててエンジョイする世捨て人たち。3人のうち、テッドが心臓発作で亡くなり、そこへ思いがけない来訪者が現れるといったストーリー。

 閑散としたホテルの支配人スティーブ、美術館からやってきた写真家のラファエル、そしてスティーブの叔母でもあるジェルトルードが彼らの生活に絡んできて、それぞれの死生観も浮き彫りになってくる。「自分の死ぬ日は自分で決める」。彼らはそれぞれ青酸カリも持っているのだ・・・驚き。

 ジェルトルートのつらい日々を感じるより、むしろチャーリーやトムの生き方に共感を覚え、老人になったらこうありたい!としみじみ思う。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る