14歳の栞

劇場公開日

14歳の栞
34%
44%
21%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ある中学校の3学期、2年6組に在籍する生徒35人全員に密着した青春リアリティ。中学2年生という子どもか大人か曖昧な時期、学校が世界のすべてだった生徒たち。主人公もなく、劇的なドラマもなく、どこにでもいるありふれた35人の生徒たちそれぞれの姿を映し出すことで、誰もが経験してきた「あの時期」に立ち返るような120分が展開する。監督は短編映画「ハロー!ブランニューワールド」で注目を集めた竹林亮。

2021年製作/120分/G/日本
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
栗林和明
プロデュース
栗林和明
製作指揮
島田研一
上藤和興
製作
夏生さえり
永井千晴
大澤創太
長沼千春
氏田雄介
ラインプロデューサー
福田文香
撮影
幸前達之
米澤佳州子
録音
鈴木泰憲
國分玲
音楽
adNote
編集
小林譲
竹林亮
佐川正弘
毛利陽平
主題歌
クリープハイプ
ナレーション
YOU
制作進行
堀井美月
監督補
河本永
デザイン
谷川瑛一
保坂夏汀
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)CHOCOLATE Inc.

映画レビュー

5.0これが14歳のリアル

2021年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

14歳、中学2年生の学級の空気感て確かにこういうものだった。ドキュメンタリーとはいえ、本当の空気感を映すことはすごく難しい。なぜなら、人はカメラを向けられるとある程度、自分をよく見せようと「演じる」意識が生まれるからだ。羽仁進は、『教室の子供たち』というドキュメンタリーで、カメラに慣れない子どもたちをカメラに慣れさせるため、フィルムを回さず、教室にカメラを置き、カメラが珍しくなくなってから撮影をはじめたそうだ。この作品の子どもたちもまるでカメラを意識していないかのようだ(インタビューパートは別だが)。
14歳という年齢は、フィクションでもよく取り上げられる年齢だが、この作品を見るとあらゆるフィクションで描かれる14歳が陳腐に見えてしまうかもしれない。それぐらい本物が映っている。普通の中学生の普通の感覚が画面中に充満しており、これが本物かと圧倒されてしまった。これを見ると、青春映画や青春アニメの見方が一変すると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

5.0事実は映画よりも奇なり

2021年10月2日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゃーるすとん

4.0この映画を出演者の人たちも、もちろん観たと思うけど、どう思ったんだ...

2021年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

この映画を出演者の人たちも、もちろん観たと思うけど、どう思ったんだろう。友達はいない(リセットしたい)と言っている人や、ポジティブだと思っていた人が、全く自分を出していないと話していたり、先生が人気無かったり、、。

将来的なりたくないのは、犯罪者と社畜というのが、笑えたし、怖かった。

同級生のことを、すごくよく考えている人がいるのが意外だった。14歳の時、自分があんな風に思えていたか?もしいたとしても、カメラの前では言えなかっただろう。

続編、14歳の栞の14年後が観たい。学生生活が終わり、どう成長しているのか、今14歳の栞を観てどう思うか。

14歳の自分が、今の自分を見たらどう思うか。

先生が転勤を伝えた時の様子も観たかった。

それとオープニング(動物のくだり)がいらなかった。なんか教育ぽい、まるで正しいことをしているような印象から始まって、モヤッとした距離感からのスタートになった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
邦画好き

3.5何かあるというわけでもないのに

2021年6月13日
Androidアプリから投稿

ある中学校の一クラス生徒一人一人もれなく追ったドキュメンタリー作品。
第三者が介在したらドキュメンタリーにならない、というのは大きな勘違いで、マイケル・ムーアの主義主張がショーのように繰り広げられるのもドキュメンタリーですし、樹木希林の晩年を追ったドキュメンタリー映画に至っては撮られている樹木希林本人からそのまま撮ってどうするのと叱られる始末。
だから知らない大人にカメラを向けられてちょっと飾った言葉を言ったとしても、本当はしないようなことをしたとしても、それはそれで彼らから出てきたものなので嘘でも演出でもないのです。
話が逸れましたが、不登校の子がいても、車椅子の子がいても、他の人と同じくらいの尺で流されていき、先生なんかだと手のかかる子は重点的に気に掛けるのかもしれないのですが、第三者ならではの平等で描けていてそれが面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ガゾーサ
すべての映画レビューを見る(全27件)