夏時間

劇場公開日

夏時間
26%
55%
16%
0%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

本作が初長編となる韓国のユン・ダンビ監督が10代少女の視点から家族や友人との関係を描き、第24回釜山国際映画祭で4部門を受賞した作品。10代の少女オクジュと弟ドンジュは、父親が事業に失敗したため、大きな庭のある祖父の家に引っ越して来る。しかし、そこに母親の姿はなかった。弟はすぐに新しい環境に馴染むが、オクジュはどこか居心地の悪さを感じる。さらに離婚寸前の叔母までやって来て、ひとつ屋根の下で3世代が暮らすことに。それはオクジュにとって、自分と家族との在り方を初めて意識するひと夏の始まりだった。

2019年製作/105分/韓国
原題:Moving On
配給:パンドラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.5生活が描かれている

2021年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

90年生まれのユン・ダンビ監督の長編デビュー作だが、とても心地よい時間と空間の作れる優秀な監督だと思った。少年と少女の姉弟と父が、夏の間、祖父の家に居候することになる。頑固な祖父とそりの合わない思春期の姉は恋人がいるが、なかなか会えない。さらに家に叔母も転がり込んできて、奇妙な家族生活が始まる。居心地は決して良くはないが、絶対にここが自分の居場所ではないと言い切れるほどに嫌なわけでもないという、奇妙な宙ぶらりんな感覚が全編に溢れている。この気持ちはなんと名前をつけたらいいだろうと戸惑う感情が描かれているのが本作の素晴らしい点だと思う。
特別なことが起きるわけではないが、なぜか匂いとともにずっと忘れない記憶となるような、そんな特別な雰囲気がある。古い家屋の匂い、庭の菜園の匂い、アスファルトの匂い、夏の汗の匂いなどなど、匂いが見える映画だった。
主義主張よりも生活の実態を細かく描く作品は好感が持てる。人の基本はやっぱり生活だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

3.5小津安二郎贔屓

2021年10月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Jun Tanaka

0.5これで終わり!?

2021年8月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

実在の人物ならまだしも、架空家族のフィクションな日常を淡々と大したオチも無く終わられ「???」な感じ…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
死亡遊戯

2.5繊細な少女から見た風景

2021年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

どこかにいそうなちょっとダメな父親と叔母、どこにでもいそうな弟、老いてコミュニケーションが取りずらい祖父、特に何があるわけではないがどこかでありそうな日常を繊細な感性を持った思春期の少女目線で描いている。みんな家族はいい人なんだが、みんな少しずつずれているところがあり、少女はそれが少し気になる。役者の演技やロケーションなど、世界観は完成されたものがあり、その世界観を楽しむための映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluecinema
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る