ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日

劇場公開日

ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

少女とホワイトライオンの友情、そして家族の再生を通し、南アフリカで社会問題となっているトロフィー・ハンティングの一種“缶詰狩り”を描いたドラマ。ライオンファーム経営のため家族で南アフリカに移住した11歳のミアは、心の病を抱える兄にかかりきりの母と仕事に追われる父のもとで、孤独な日々を過ごしていた。クリスマスの日、ファームにホワイトライオンのチャーリーが誕生する。ミアはチャーリーの世話をしながら共に成長するうちに、特別な友情で結ばれていく。3年が経ったある日、ミアは父がファームで育てたライオンを、囲いの中で野生動物を狩る“缶詰狩り”の業者に売っていたことを知る。ミアはチャーリーを救うため、様々な危険に立ち向かいながらティムババティ野生保護区を目指すが……。3年以上の年月をかけて撮影を敢行し、少女とライオンのリアルな関係性や、南アフリカの大自然をCGなしで描いた。オーディションで選ばれたダニア・デ・ビラーズが主演を務め、母親役に「オーケストラ!」のメラニー・ロラン。監督は「アラン・デュカス 宮廷のレストラン」など多くのドキュメンタリーを手がけたジル・ド・メストル。

2018年製作/98分/G/フランス
原題:Mia et le lion blanc
配給:シネメディア

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2018 Galatee Films - Outside Films - Film Afrika D - Pandora Film - Studiocanal - M6 Films

映画レビュー

3.5CGでは表現し得ないことを改めて知らしめてくれる

和田隆さん
2021年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

少女ミアとホワイトライオンの友情と家族の再生が主軸に描かれるが、実は南アフリカの社会問題となっているトロフィー・ハンティングの一種“缶詰狩り”がもう一つの重要なテーマとなっている。日本ではあまり聞き馴染みのないトロフィー・ハンティングとは、トロフィー(獲物の角などから作られる狩猟記念品)や娯楽の獲得を目的とした狩猟のこと。そして“缶詰狩り”とは、人工的に増殖させた野生動物を囲いの中で狩るもので、アフリカでは産業として確立されているのだ。

ライオンファーム経営のためにロンドンから移住し、南アフリカの生活に馴染めなかった11歳のミアが、生まれたての頃から友情を育んだホワイトライオンを必死に守ろうとする姿と、家族の葛藤と再生の物語は、動物ものとして、ファミリー向け映画としてシンプルにお薦めできる。また、日本から遠く離れた地の社会問題や野生動物の実情を知ることができる作品としても、一見の価値ある作品だ。

しかも、この映画のもうひとつの見どころは、3年以上かけてCGなしで撮影されたというリアルな映像で、それが作品に説得力を与えている。たった3年で立派に育ったホワイトライオンの行動は野生動物そのもので危険。CGや合成技術などを駆使して撮られたものと思いきや、実は時間をかけて少女とライオンのリアルな関係を築き撮影されたもの。野生動物たちの迫力や大自然の圧巻の美しさは、CGでは表現し得ないことを改めて知らしめてくれる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
和田隆

4.0野生ライオンに関する「闇」の部分も

まささん
2021年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

CG無しで3年半かけて撮影というだけあって、本当に素晴らしい作品でした。

鑑賞前は「ムツゴロウさん」のような、動物系ホッコリ映画を想像していたのですが、本作は南アフリカの野生ライオンに関する「闇」の部分も真正面から捉えていました。

ホワイトライオンの赤ちゃんは、少しやんちゃな中型犬のようにかわいく、少女が家の中で飼っていながら成長していきますが、数か月も経過すると「ドキッ」っとするくらいに成長し、いつか襲われる襲われるのではないかと親目線でハラハラしました。

ただ、少女はホワイトライオンの「チャーリー」と心が通じ合っていると感じていて、成長したライオンと家族の一員として一緒に過ごすことをやめません。

CG無しの、本物のライオンとの撮影がどのように行われたのか、、、。
大きなスクリーンで観て良かった作品です。
感動しました🥺

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まさ

3.0どっちも人間、だから悩ましい。

2021年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ホワイトライオンと少女の心温まる物語と思いきや、なかなかの社会派ドラマでした。相変わらず前情報無しで観ると必ず想定外になりますなー(笑)
最初は僕の苦手な人間と動物の、「さぁ感動しなさい映画」だと思ってたんです。間違い間違い。
心ある人間たちの優し祈りと願いの映画でした。

いやいや、やはり人間は地上最強の獣ですよ、ヤコペッティさん。トロフィーハンティング言わずもがな、缶詰狩り?・・・「は?」です。
あまりに、あまりにショッキングです、映像。
別途観た「さらばアフリカ」に比べればそれは薄いけど、やはり辛い。
そりゃ、トラウマにもなるわい。

ホント、まじか?アフリカ、まじか?人間!
エゴと欲求のかたまり・・・「人間」が情けなく恥ずかしい。
キリスト教じゃないの?あなた方。
生きるために命をありがたく頂戴し、神からの恵みとして感謝していた人間はどこに行ってしまったのか。

ホントに人間はくだらない

人間と動物の共存について、優しくも強いメッセージを感じる作品です。ミアお兄ちゃんか何気にかっこいいです。ミアはちと、極端すぎるというか・・・落ち着けー!って感じ。行動力はいいけどね。
ただなぁ・・・もうちょっと思慮深くあってもよかったかなぁ?
ミア、お兄ちゃんの心根を人間誰しも持ってほしいけど、アフリカはアフリカの価値観、経済的事情あるんだろうな。でも、いつかはなくなって欲しい、趣味のためのハンティング。
そのためにも、メッセージを映画で残す、伝えるって大切かなって思います。

CG無しでの撮影だからこその説得力も生まれたのかな?って思います。
この撮影のために調教したんだろうなぁ・・・。その調教っていうのもどうなんだろうか・・・?などと考えてしまいますが、殺すよりはマシかな。

良作です。ぜひたくさんの大人と子供に見て欲しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バリカタ

3.0ライオン保護の啓示にはなっている。

peanutsさん
2021年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

アフリカにはこんな実情があるのかと、結構驚愕の現実を知らされながら主人公のミアがホワイトライオンを守るというのはすごくよく共感できるのだけど行動は自分本位であまり共感できるものではない。自然を破壊して入り込んでくるのは人間だけどそこに猛獣を迎え入れるのは人間を脅かすことにもなるわけで…。親に銃を向けるシーンで思い切り引いてしまった…。ここまでなると単なるわがままなだけになってしまうような…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
peanuts
すべての映画レビューを見る(全14件)

他のユーザーは「ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日」以外にこんな作品をCheck-inしています。