ジガルタンダ

  • 予告編を見る
ジガルタンダ

解説

「インディアンムービーウィーク2020リターンズ」(20年12月11日~/キネカ大森、新宿ピカデリーほか)上映作品。

2014年製作/171分/PG12/インド
原題:Jigarthanda

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
カールティク・スッバラージ
音楽
サントーシュ・ナーラーヤナン
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5かつてないギャング映画

2021年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ギャング映画を撮るつもりで取材するものの、凶悪なボスにばれてしまい、ボスが主演の映画を撮るハメになってしまった(笑)、若い監督志望の青年の物語。

ギャングの迫力、むちゃくちゃな(笑)暴力描写。
決して上手くはないが、とても面白いダンスシーン。
できあがった映画の、あっと驚く内容と、その顛末。
蛇足でしかないラストシーンを付け加える“しつこさ”。
観ていて、はちきれんばかりのパワーを浴びて、たじろいでしまうほどの、“えげつない”映画だった。

映画撮影のシーンも面白い。
若い監督に対して、最初から自分の主張を通さず、「チャンスを逃すな」と諭す老人。そして、その老人への感動的なはからい。
インド映画らしい、笑えるユーモラスな脇役たちも、本当に素晴らしい。

玉石混淆のインド映画であるが、これは“当たり”だった。
<インディアンムービーウィーク2020リターンズ(@キネカ大森)にて鑑賞>

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Imperator
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る