ズーム 見えない参加者

劇場公開日:

ズーム 見えない参加者

解説

2020年、新型コロナウイルスのパンデミックによる外出自粛などで世界的に一気に広まったWEB会議ツール「Zoom(ズーム)」を題材にした新感覚ホラー。ロックダウンされたイギリスを舞台に、Zoomを介して死者と交信を行う「Zoom交霊会」をはじめた男女6人が、次々と不可解な現象に見舞われる姿を描いた。新型コロナウイルスのパンデミックのためにロックダウン中のイギリスに暮らすヘイリーらは、仲間たちと週に一度はZoomで顔を合わせていた。ある時、ヘイリーが霊媒師をゲストに招き、みんなで「Zoom交霊会」をしようと提案する。仲間たちも賛同し、いつもの飲み会のノリで和気あいあいと交霊の儀式が始められるが、そのうちそれぞれの部屋で異変が起こりはじめる。ヘイリーらは恐怖から逃れようにもロックダウンのため屋外へ逃げ出すことができず……。

2020年製作/68分/G/イギリス
原題:Host
配給:ツイン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

映画レビュー

3.0怖すぎることなく、気軽に楽しめる

2021年1月21日
PCから投稿

コロナによる外出制限の中、「最小規模の映画」がいくつも生まれた。どれも似たり寄ったりだとする意見もあるだろうし、アイディア先行で「やったもん勝ち」なところもあるとは思うが、この特殊な状況下と、最新のオンライン・ツールと、古来のホラー手法とを掛け合わせ、70分弱の長編にまとめあげたところは評価したい。画面上の男女6人の身に「パラノーマル」を思わせる展開が次々と起こる単純な内容だが、全編がデバイス画面で完結している点や、ホラー見本市のような、お手軽かつ効果的な演出のつぶて、さらには分断された領域を越境して親友を助けに向かう場面などに「おっ」と思わされた。この手の作品はアイディアが豊富にあっても、それらを一つにまとめる折に平坦になりがち。その点、なんとか構成上の緩急を生み出そうとする努力の後が見て取れる。でもいちばん怖いのは、画面がフリーズしたり、参加者が急に落ちることだよな、とつくづく感じた。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
牛津厚信

0.5ぜんっっっぜんッ面白くない。

2022年12月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

何て言うか…どこが面白かったのか考えてみたけど…1ミリも面白いと感じられなかった。
中国系英国人の女が 人間性を疑う程ウザ過ぎて引いた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
m@yu-chan-nel

3.0今の時代ならではのリモートホラー

2022年10月29日
スマートフォンから投稿

『アンフレンデッド』のようにSNSを題材にしたホラーで、参加者がテディ以外は本名なのもリアルにやってる感じで面白い。
仕事でzoomを使っているのでめちゃくちゃ臨場感があった。
終盤に無料版で接続切られそうになっているシーンはリアルで笑ったw

この手の映画は誰がどういう風にリタイアして、誰が最後まで残るか想像しながら観るのが楽しいけど、ずっと画面下に見切れて映っているエマ(エマ・ルイーズ・ウェッブ)と序盤からビビり通し泣き通しのキャロライン(キャロライン・ウォード)が個人的には推し。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
エス

1.5はいはい。

2022年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「霊はパワーが好きだからインターネットと親和性がいい」
ちょっと何言ってるかわかんない。
カメラの移動がなんで急に自撮り視線じゃなくなるのか、ってそりゃあ視聴者に判りやすくだよね(棒)。どうやってPCを持ち運んでいるやら。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
arlecchino
すべての映画レビューを見る(全53件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ズーム 見えない参加者」以外にこんな作品をCheck-inしています。