ザ・プロム

劇場公開日:

ザ・プロム

解説

メリル・ストリープとニコール・キッドマンが共演し、テレビシリーズ「glee グリー」のライアン・マーフィが監督を務めたNetflixオリジナルのミュージカル映画。ニューヨークの元人気舞台俳優ディーディーとバリーは、新作ミュージカルが失敗し役者生命の危機に立たされる。一方、インディアナ州の田舎町では、恋人同士の女子高生エマとアリッサが、女性カップルでプロムに参加することを禁止され悲嘆に暮れていた。ひょんなことからその事実を知ったディーディーとバリーは、この機会を利用して自分たちのイメージを挽回しようと思いつき、同じくキャリアアップを狙うアンジーらとともに計画を練るが……。共演は「ワン チャンス」のジェームズ・コーデン、「ザ・プレデター」のキーガン=マイケル・キー、「ジャンゴ 繋がれざる者」のケリー・ワシントン。Netflixで2020年12月11日から配信。一部の映画館で12月4日から劇場公開。

2020年製作/132分/G/アメリカ
原題:The Prom

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第78回 ゴールデングローブ賞(2021年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジェームズ・コーデン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

Netflix映画「ザ・プロム」12月11日(金)より独占配信開始

映画レビュー

3.0売名でも偽善でも良い変化をもたらすならありか

2021年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

社会運動へのコミットは個人の名声を高めるのに利用できる。そういう偽善はよくないという意見もあれば、売名だろうとなんだろうとそれで助かる人がいればいいじゃないかという意見もある。
本作の主人公、ディーディーはブロードウェイの往年のスターだ。新作が酷評され、このままではいけないと、人気回復のために保守的なインディアナ州で同性愛を公言した女子高生が、プロムに参加できるようにするキャンペーンを勝手に張ることを思いつく。意気揚々と高校に乗り込んできて、私たちが遅れた価値観のあなたたちの目を覚まさせてあげるよ、みたいな態度で騒動を巻き起こす。
鼻につく態度であることは間違いない。しかし、騒動がきっかけで多くの人が考えを見直すきっかけを作っていることも事実である。ただ、少し言葉で言われただけで、保守的な価値観で育った人々があれほどコロッと変わってしまうものだろうか、という疑問は持った。ライアン・マーフィ監督の願いも込みでそういう物語にしたのだろうと思うが。ジェームズ・コーデン演じるバリーの存在がマーフィ監督的にはキモなんだろう。
ミュージカルシーンは抜群に楽しいし、芸達者な役者が揃っているし観ていて飽きない作品だった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
杉本穂高

3.5寛容と変化がテーマのスター競演ミュージカルの味わい方

2020年12月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

プロムナイト。この高校最後の年にキャンパスで開催される卒業パーティは、生徒たちにとって晴れの舞台。従って、これまでも度々青春映画のネタになって来た。「アメリカン・グラフィティ」((73)「グリース」(78)「25年目のキス」(99)etc。しかし、なんと言っても強烈だったのは、クラスメートたちから阻害されてきた少女が、プロムクィーンに選ばれた直後、それが悪戯だと知って怒りの超能力でパーティ会場を焼き払う「キャリー」(76)だと思う。TVシリーズ「glee」(11)にもプロムを登場させたライアン・マーフィの最新作は、しかし、同性愛者の女子高生がそれを理由にプロムへの参加を禁止されるという、今そこにある問題をテーマにしている。彼女が受ける屈辱感と疑問は、もしかしてキャリー以上かもしれない。LGBTQ+マターはそう簡単に焼き払うことができないだからだ。そんな高校に新作ミュージカルが酷評された上にクローズとなった出演メンバーが、差別撤退を掲げて(実はイメージ挽回を狙って)乗り込んで来る。見せ場は勿論、舞台組を演じるメリル・ストリープやジェームズ・ゴーデンやニコール・キッドマン等によるド派手なパフォーマンスだ。2人のオスカー女優に当代一の芸達者コーデンを揃えたマーフィ(監督&製作)の吸引力はすごいと思うが、ポイントは、主役の女子高生が投げかけた波紋が、いい意味で周囲に変化をもたらしていく後半の展開にある。寛容と変化。それがなににも増して本作の新しさだ。娘を拘束しようとする頭の固いPTA会長を演じるケリー・ワシントンの美しさが、煌びやかな共演者たちの中一際目立っている。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
清藤秀人

3.5重くさせず、明るく笑い飛ばした描き方

2022年3月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あらすじから想像していたよりは、ミュージカルスター達のドタバタコメディ感が強かった。
テーマであるレズビアンの女の子は、悲しい歌詞でも笑顔で明るく、逞しい。
歌も明るいものばかりで、寒々しさはない。
大人の偽善が原動力であるものの、熱量に偽りはないのもよい。

ただ、少女はなぜあそこまで明るくいられるのかの原動力がわからず、また、最後の丸く収まる具合も急展開で違和感。
ベテラン俳優達の歌唱と演技によって満足な鑑賞ではあったが、脚本に深みが感じられずNetflixオリジナル枠は出られない印象。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ちか

3.5ミュージカルぅぅ〜!

2022年2月26日
iPhoneアプリから投稿

そろそろ、違いがあるのがマジョリティで、同じがマイノリティかもしれないと言うことに、気づけば良いのにね。

みんななんとなく同じにしようと、雑に扱うから問題が起きちゃうのよねー。

内容は今どき?だけど、展開はちょっと古臭い感じで、チグハグしててなんか面白い。ちょっとお勧め。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
大粒 まろん
すべての映画レビューを見る(全67件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る